「ここまで並ぶとは」京都駅前でタクシー待ち200人 大雪で帰宅困難

「ここまで並ぶとは」京都駅前でタクシー待ち200人 大雪で帰宅困難

  • 産経ニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

雪が降る中、列を作りタクシーの到着を待つ人たち=25日午前1時25分、京都市下京区(木下倫太朗撮影)

今季最強の寒気による大雪でJR京都線などが24日に運休し、JR京都駅前のタクシー乗り場では25日未明、帰宅が困難になった人たちが深夜にもかかわらず約200人もの列を作った。

24日夕から急に積雪した京都市中心部。列車の遅延・運休も相次ぎ、帰宅ラッシュを直撃した。日付が変わった25日午前1時ごろも、JR京都駅烏丸口のタクシー乗り場には約200人が並んだ。しかしタクシーは5分に1台ほどのペースでしか訪れず、寒さの中、長時間並んでいる人たちの表情には疲れがにじんでいた。

大阪市内の勤務先から大津市の自宅へ帰宅途中の女性会社員(42)は、24日午後10時ごろから約3時間待ち。「在来線が止まっていたので新幹線で京都まで来た。京都からタクシーですぐに帰れると思っていたが、ここまで並ぶとは思わなかった」と話した。

No image

JR京都駅前では、大勢の人がタクシーの到着を待っていた=25日午前1時55分、京都市下京区(木下倫太朗撮影)

25日午前1時半ごろには大阪行きの普通列車が運行するとのアナウンスが流れた。足止めされていた大阪府高槻市の会社員の男性(54)は「これでやっと帰れる」と安堵(あんど)した表情で駅の構内へと足早に歩いていった。

JR西日本は午前2時ごろ、0番ホームに停車する特急はるかを臨時の「列車ホテル」として開放。一方、タクシー乗り場では時折、横殴りの雪が降る中、家路を急ぐ人の列が途絶えることはなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加