明日22日(日)の天気 関東は晴天続くが北日本や西日本で雨降りだす

明日22日(日)の天気 関東は晴天続くが北日本や西日本で雨降りだす

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2020/11/21
No image

2020/11/21 17:10 ウェザーニュース

三連休2日目の明日11月22日(日)は、朝は晴れて冷え込むところが多いものの、低気圧や前線が接近して天気が下り坂に向かいます。関東などは晴天が続きますが、北日本や西日本では雨や雪の降りだすところがあります。

■ 天気のポイント ■

・朝は穏やか 久々に冷える
・日本海側から雨が降りだす
・北海道では次第に雪に変わる

朝は穏やか 久々に冷える

西日本や東日本は晴れた朝を迎えるところが多く、久々に寒い朝となりそうです。極端な冷え込みではないものの、ここ数日の暖かさは吹き飛んでしまうためお気を付けください。

関東や東北南部太平洋側では低気圧の影響を受けず、一日を通して晴れるところが多くなる予想です。お出かけをされる場合は新型コロナ予防を心がけてください。

日本海側から雨が降りだす

No image

予想天気図 22日(日)9時

日本海を東進する低気圧や前線と、サハリン付近の低気圧から伸びる前線が、それぞれ日本海から接近します。

北海道では早い所では朝から雨や雪が降り、東北や北陸、西日本では午後から天気が崩れて雨の降るところがある予想です。前線の通過時には本降りの雨となるため、雨の予報となっているところでは傘が必須です。

近畿や東海では前線の接近前から雨が降りだす可能性があるため、午後は急な雨に注意してください。

北海道では次第に雪に変わる

前線通過後に強い寒気が流れ込む北海道では、降り始めは雨でも次第に雪に変わります。

内陸の地域では翌23日(月)朝にかけて積雪となるところもあるため、車の運転には注意してください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加