「憧れ」上田桃子とのプレーオフで惜敗 大里桃子は清々しく「一生に一度あるかないか、楽しかった」

「憧れ」上田桃子とのプレーオフで惜敗 大里桃子は清々しく「一生に一度あるかないか、楽しかった」

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/05/02

1ホール目で4メートルのパーパットを沈めて流れをつかんだかに見えたが…|撮影:佐々木啓<パナソニックオープンレディース 最終日◇2日◇浜野ゴルフクラブ(千葉県)◇6638ヤード・パー72>

同じ熊本県出身の先輩で、トータル5アンダーで並んだ上田桃子とのプレーオフに敗れた大里桃子。2018年の「CAT Ladies」以来となるツアー2勝目は逃したが、ラウンド後は「熊本出身の大先輩とのプレーは、一生

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加