岡田隆大使がタリバン幹部と会談 外務省「大使館再開も念頭に」

岡田隆大使がタリバン幹部と会談 外務省「大使館再開も念頭に」

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2021/11/25
No image

"岡田隆大使(左)とバラダル氏(中央)が会談した=カブール、外務省提供"

イスラム主義勢力タリバンが政権を掌握したアフガニスタンをめぐり、外務省は25日、岡田隆大使が24日(現地時間)までに現地視察のためにカブールを訪問し、タリバン幹部と会談した、と発表した。岡田氏は現地に滞在する邦人らの安全確保や希望者の迅速・安全な出国の実現を働きかけたという。

包摂的な内閣は「いずれできる」 女性なし、タリバンが多い矛盾に

岡田氏のカブール入りは、8月にタリバンの政権掌握に伴って現地の日本大使館が閉館されて以来、初めて。同省によると、岡田氏は複数のタリバン幹部と会談。日本政府が行っている国際機関を通じた食料支援などについても説明した。タリバン側は援助関係者の移動の自由や安全を確保する、と応じたという。

また、岡田氏は、女性や少数民族を含むすべてのアフガニスタン人の権利を尊重し、現地を再びテロの温床とさせないよう求めた。

同省幹部は岡田氏のカブール入りについて、「(日本大使館の)再開も念頭においている」と語った。(菅原普)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加