【阪神】近本光司20試合連続安打 球団最多11年マートン30戦 プロ記録79年高橋慶彦33戦

【阪神】近本光司20試合連続安打 球団最多11年マートン30戦 プロ記録79年高橋慶彦33戦

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/06/23
No image

広島対阪神 1回表阪神無死二、三塁、近本は中前適時打を放つ。投手はアンダーソン(撮影・加藤哉)

<広島-阪神>◇23日◇マツダスタジアム

阪神近本光司外野手(27)が、自己最長をさらに更新する20試合連続安打を放った。初回無死二、三塁、広島アンダーソンから先制の中前適時打を決めた。

阪神で連続試合安打「20」以上は2リーグ制後、9人11度目となった。球団記録は11年マートンの30試合。プロ野球記録は79年高橋慶彦(広島)の33試合。

近本は球団を通じ「内野が前に来ていたので、強い打球を打つことを心掛けました。2戦とも先制点を取られていたので、今日は先に点を取ることができてよかったです」とコメントした。

◆阪神の連続試合安打20以上

1位=30試合 マートン(11年)

2位=28試合 桧山進次郎(01年)

3位=26試合 大豊泰昭(99年)

4位=25試合 バース(83年)

5位=24試合 和田豊(97年)

6位=23試合 藤井栄治(68年)

7位=22試合 和田豊(89年)、新井貴浩(11年)

9位=20試合 藤井栄治(64年)、クールボー(95年)、近本光司(22年)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加