上白石萌音、“芸能界の親”と音信不通になってしまったワケとは?

上白石萌音、“芸能界の親”と音信不通になってしまったワケとは?

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2021/01/14

女優の上白石萌音が「人生最高レストラン」(TBS系)に出演。以前、LINEで連絡を取り合っていた映画監督・周防正行と音信不通になってしまったエピソードを話しました。

当時、中学3年生だった上白石が主演を務めた周防監督の映画「舞妓はレディ」。上白石は、監督について「何にも知らない私に根気強く、全部0から100まで教えてくださいましたね。本当に感謝しています。芸能界の親です」と語りました。そんな恩人とも言える監督との連絡手段だったLINEが、自分の携帯電話が壊れたことによりアカウントが消え、音信不通になってしまったと告白。

事務所を通じて監督に連絡はしたが「たぶん監督気づいてなくて、一向に既読にならない……」と話す上白石。番組が監督にこのことを話すと「あ、気づきませんでした。そうだったんだ、よかったぁ。ある日突然(LINEを)退出されてしまって、おじさんは見捨てられてしまったんだと思っていました」と監督からメッセージが。これを聞いた上白石は頭を抱え、「すみませんでした」と謝罪をしていました。

上白石萌音、“芸能界の親”との音信不通解消(ナリナリドットコム)

上白石萌音の関連作品

No image

羊と鋼の森

No image

孤独のグルメ SP

No image

空色物語

No image

chouchou

上白石萌音の関連作品をもっと見る

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加