NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
台湾、リトアニアに代表機関設置

台湾、リトアニアに代表機関設置

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/07/20
No image

リトアニアの首都ビリニュス(2020年9月28日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】台湾は20日、リトアニアに代表機関を設置すると発表した。中国の反発は確実だ。

台湾が欧州に代表機関を設置するのは18年ぶり。リトアニアの代表処は、「台北」でなく「台湾」の名称を使用する。

台湾の呉釗燮外交部長(外相)は、今回の設置について「極めて重要だ」と述べた。

呉氏はオンライン記者会見で、「リトアニアは、自由と民主主義という同じ価値観を共有する台湾の良きパートナーだ」と述べ、両者は「民主主義制度を守る戦略的最前線」にいると付け加えた。

バルト3国や中欧諸国の一部は、中国側の反発を招くことは必至とみられるにもかかわらず、台湾と関係を強めている。

リトアニアは5月、中国と中欧・東欧諸国との経済協力の枠組み「17+1」について、「対立を生む」として、離脱を発表した。さらに、台湾への2万回分の新型コロナウイルスワクチンの寄付の他、同国に代表機関を設置する計画も発表した。

先週にはスロバキアも、流行初期に台湾から寄付された70万枚のマスクの返礼として、ワクチン1万回分を寄付すると発表した。

チェコも台湾との関係を強めている。

チェコの首都プラハは2019年、北京との姉妹都市提携を解消し、台北と新たな提携を結んだ。昨年には、ミロシュ・ビストルチル上院議長率いる代表団が訪台したことが、中国の怒りを買った。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加