プロ野球の“退場王”は?ロッテ・井口監督は自身2度目【上位一覧】

プロ野球の“退場王”は?ロッテ・井口監督は自身2度目【上位一覧】

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/15
No image

広島対中日戦の3回、ロマノの退場判定で激怒。一塁ベースを引き抜き、放り投げる広島・ブラウン監督=2006年5月7日

ロッテ・井口資仁監督が14日、オリックス戦(京セラドーム大阪)でのストライク判定に異議を申し立て、試合後に退場処分を受けた。井口監督にとっては19年以来、2度目の退場処分。

近年はリクエストの導入もあり、退場者の数も減少。今季はDeNA・大和が審判への侮辱行為、巨人・ビエイラが危険球で退場となっている。

過去、プロ野球通算退場回数で最も多いのは近鉄、巨人、オリックスでプレーしたタフィー・ローズ氏の14回(パ-11回、セ-3回)。続いて広島や楽天で監督したマーティ・ブラウン氏の12回(セ-8回、パ-4回)。監督だけの回数ではブラウン氏がトップだ。

日本人では金田正一氏(パ-6回、セ-2回、監督-6回、選手-2回)と落合博満氏(セ-7回、パ-1回、監督-6回、選手-2回)が8回で並んでトップ。

▽プロ野球退場回数は以下の通り。

14回 タフィー・ローズ氏

12回 マーティ・ブラウン氏

8回 金田正一氏、落合博満氏

7回 藤本定義氏、大沢啓二氏、仰木彬氏、A・カブレラ氏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加