柳家小蝠さん死去、42歳 5日に高座出たばかり

柳家小蝠さん死去、42歳 5日に高座出たばかり

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/13
No image

真打昇進会見での柳家小蝠さん(2014年)

落語芸術協会は13日、落語家・柳家小蝠(やなぎや・こふく、本名・新井淳一=あらい・じゅんいち)さんが肺炎のため、12日に都内の病院で死去したと発表した。42歳。群馬県出身。

1994年に五代目立川談志に入門。2014年に真打ちに昇進した。最後の高座は5日の「上野広小路亭初寄席」だった。

通夜は20日午後6時から、告別式は21日午前10時から、いずれも町屋斎場(東京都荒川区町屋1-23-4)で。喪主は妻・新井久美子さん。問い合わせは「さくら葬祭」(電話03・5907・6710)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【悲報】東京、ガチで雪が積もり始める
商品なく、店員不在...岐阜の異様なローソン 本社が想定外の事態が起きたと謝罪
小田急の「明日のことはとても考えられる状況にない」コメントが名言すぎると絶賛
正社員・非正規の待遇の差が明らかに! 「年賀はがき販売成績1位が非正規で2位の正社員に海外旅行贈呈」のツイートに日本郵便への批判集まる
京大論文不正:これでいいのか、日本メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加