槇原敬之容疑者、逮捕まで2年もかかった理由 「そういうことか...」

槇原敬之容疑者、逮捕まで2年もかかった理由 「そういうことか...」

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/02/14
No image

(写真提供:JPNews)

『世界に一つだけの花』『どんなときも。』など、数々の名曲で知られるシンガー・ソングライターの槇原敬之容疑者が、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されたことが、13日に報じられた。

逮捕容疑から2年が経過してから逮捕に至った背景について、14日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にて専門家が解説。驚きの声が上がっている。

■逮捕容疑は「2年前」

槇原容疑者の逮捕容疑は、2018年3月30日、当時居住していた東京港区のマンションの一室にて、危険ドラッグ「RUSH(ラッシュ)」の液体約64ミリリットルを所持していた疑い。加えて、同年4月11日にも覚醒剤の結晶約0.083グラムを所持していた疑いが持たれている。

当時、同居していた40代の知人男性は、同年3月に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されていた。

関連記事:槇原容疑者、2度目の逮捕 『ヒルナンデス!』を心配する声相次ぐ

■2年越しの逮捕は「異例」

槇原容疑者が、逮捕容疑から2年も経過してから逮捕に至った事情について、元麻薬取締官の高濱良次氏も「異例」「私も経験したことがない」とコメント。

「通常は覚醒剤を所持しているという容疑で踏み込むわけです。そこで覚醒剤が出てきた、そのときにいた人間…例えばこの関係者と槇原容疑者が共謀所持で通常は逮捕される」そうだが、「ところが、この現場(2年前)には槇原容疑者がいなかった」ことが、槇原容疑者がその場で逮捕されなかった事情だという。

関連記事:槇原敬之容疑者、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕 2度目の薬物に「嘘だと言って」

■証拠固めに2年かかった可能性

続けて、高濱氏は「その取り調べ過程で(逮捕された男性が)槇原が危険ドラッグと覚醒剤に関与しているんじゃないかという供述をしたりすのですが、槇原容疑者と出てきた物との関連性を立証しなければ逮捕できない」と説明。

「この立証というのがなかなか難しく、1人の供述だけではなかなか逮捕できない。過去には(十分な立証に至らず)釈放された事例もあります」とも説明し、高濱氏としては「そのあたりの証拠固めを相当していたと思う。それが2年という長い歳月に渡ったんだと思います」と見ているという。

関連記事:モト冬樹、槇原容疑者逮捕に言及 「歌の説得力がなくなっちゃう」

■菊池弁護士も「極めて異例」

槇原容疑者については、菊地幸夫弁護士も「2年経って思い出したように出てくるのは、私も経験ありません。極めて異例のケースだと思います」とコメント。

覚醒剤の裏付け捜査がとても慎重に行われてる背景から、こうした2年後しの逮捕に至ったという高濱氏の見解に、MCの加藤浩次も「そういうことか…」と驚きの表情を見せていた。

また、槇原容疑者は同番組への出演経験もあり、生歌を披露して大いに番組を盛り上げたことも。それだけに、ハリセンボン・近藤春菜は「悔しいですね…」とうつむいていた。

・合わせて読みたい→槇原敬之容疑者逮捕後、すかさずファンが行動 「今のうちに…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新型コロナ拡大、イベント中止が続出...売上3割減の企業も、東京五輪への恨み節が再燃
飲酒運転で衝突事故を起こした男 ズタズタの遺体を乗せたまま逃走
長嶋一茂 加藤厚労相の姿勢に「あんた、広報戦略部長じゃないんだから...」
吉本興業がチュート徳井の活動再開を発表 本人は「猛省」「税理士と新たに顧問契約」
【報ステ】各地“異変”の3連休 イベント中止も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加