釣り竿を上げたら、カニと魚がバトル中! 奇跡の「リアル漁夫の利」写真がすごい

釣り竿を上げたら、カニと魚がバトル中! 奇跡の「リアル漁夫の利」写真がすごい

  • Jタウンネット
  • 更新日:2019/01/23

貝とシギが争いをしていたら、漁師に捕まってしまった――これが「漁夫の利」の語源だが、2019年1月19日のツイッターに、「これぞ漁夫の利!」と叫びたくなるような奇跡の写真が投稿された。

No image

なんか凄いことになっとる笑
— 釣りバカ (@fishing_isogure)
2019年1月19日
from Twitter

カニと魚に光が反射して、さらなるインパクトをもたらしている。Jタウンネットは投稿者の釣りバカ(@fishing_isogure)さんに話を聞いた。

No image

魚の口から腕が生えているようにすら見える(以下、釣りバカ(@fishing_isogure)さんのツイートより)

カサゴとカニの死闘

釣りバカさんは愛媛県新居浜市の沖合にある島、大島で釣りをしていた。実は、カニは釣れたのではなく現地で捕まえた生き餌。キジハタを狙っていたところ、カサゴがカニを食べようとしたがカニが反撃し、カニのハサミで唇をはさまれたのではないかと釣りバカさんは推測している。

5年間の釣り経験を有する釣りバカさんもこんな珍事は初めてで「とても驚いた」という。

No image

人と比較すると大きさが分かる

漁夫の利の故事では貝もシギも漁師に捕まってしまったが、このカサゴはまだ小さいので放流し、カニも海に戻したそうだ。海の生存競争の激しさを捉えた貴重な1枚の画像になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
衝撃:さとう珠緒(46歳)の現在がヤヴァイ
【ライブ更新中】Galaxy UNPACKED 2019
ギズモード・ジャパン
一方ロシアでは、キツネのリアルファー(まるごと生体)を身に着けた女性が地下鉄に乗ろうとしていた
棒が倒れ部屋から締め出されてしまった女性。すると、中にいた愛猫が大活躍して助けてくれたと話題に!
初出勤の日にデスクに花束、歓迎の意味だと思ったら全然違った
  • このエントリーをはてなブックマークに追加