定年後に「昔の肩書自慢」は嫌われる!? シニアの友達づくりも名刺がカギ

定年後に「昔の肩書自慢」は嫌われる!? シニアの友達づくりも名刺がカギ

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/11/14
No image

セカンドライフ用の名刺のつくり方

もし自分が認知症になったとき、頼りになるのが身近な友人の存在。でも、新たに友人をつくるのは容易なことではない。週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」では、シニアの友人のつくり方をプロに聞いた。

【写真】友人づくりの心得10カ条

*  *  *

学生の頃とは違い、シニアになってからの友人づくりは、戸惑う人も多いかもしれません。苦手意識をもっている人におすすめなのが、「街歩き」だといいます。

シニアライフアドバイザーの松本すみ子さんはこう話します。

「街を歩くだけで地域のいろいろなものが見え、出会いがあります」

ただ、黙っていては出会いにつながらない。自ら出会いのチャンスをつくるために、世間話をするきっかけを探すのがポイントだそう。

「買い物は、機械的に作業が進む大型スーパーでなく、地元の人が店頭で品物を売る商店街に行きましょう。和菓子店や八百屋など、買い物のついでに店の人と世間話をしてみる。数回行けばもう顔なじみです。街歩きのテレビ番組のまねをして歩いて話しかけてみると、新たな出会いがありますよ」(松本さん)

さらに、松本さんがおすすめするのは、名刺をつくること。

「せっかく知り合っても、名前や連絡先を交換しないままでは、もったいないです。一度きりの出会いで終わらせないために、『名刺』をつくって持ち歩きましょう」(同)

つくり方の一番のポイントは、名前の上に入れる文言。「イタリア語勉強中」「お笑い番組が好きです」など、自身の人柄や趣味がわかるものを入れてください。そこから会話や交友が広がるといいます。でも、注意点もある、と松本さん。

「昔の仕事の肩書を入れるのは絶対にNGです!」

勤務していた会社や肩書に固執しない――。これが退職後の友人づくりの鉄則です。「社長をやっていまして」など、過去の栄光にとらわれている人ほど、周囲が引いてしまうのだそうです。

「自慢をするのではなく、笑いを取る。面白い人は異性にも同性にもモテますよ」(同)

第二の人生を支えるすてきな仲間が見つけられますように。

※週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」より

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界で一番危ない国は...リスク別に色分けされた世界地図が便利
加熱・電子タバコは「紙巻きタバコと同じく推奨できない」 呼吸器学会が見解表明
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
室内「エアーなわ跳び」でダイエット。でもブラジャーには注意して!
加熱式タバコ、半年吸ったら健康になった!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加