吉川晃司の「馬が合う」ねぎらいに上地雄輔「おやじギャグに聞こえた」

吉川晃司の「馬が合う」ねぎらいに上地雄輔「おやじギャグに聞こえた」

  • 映画.com
  • 更新日:2018/07/09
No image

吉川晃司と上地雄輔

歌手で俳優の吉川晃司とタレントの上地雄輔が7月9日、WOWOWの連続ドラマW「黒書院の六兵衛」の都内で行われた完成披露試写会で舞台挨拶に登壇した。

直木賞作家・浅田次郎氏の同名小説が原作の時代劇で、吉川にとっては映画「天国から来た男たち」以来17年ぶりの主演作。江戸城無血開城の折、己の信念で城内に居座り続けた寡黙な御書院番士役に挑み、「セリフがない分、所作や立ち居振る舞いで見せなければいけなかったので、体幹と筋力トレーニングが撮影の合間にもずっとあった。筋力勝負でした」と振り返った。

流鏑馬(やぶさめ)も「人にやってもらったら自分の役じゃなくなるから、俺は全部やるって言っちゃう」と信念を吐露。そして、「時代が移り変わっても、残すべき美しいものがある。時代劇ではあるけれど、なるほどなとなった時に我々の未来につながるものがあるはず」と自信ありげに話した。

官軍側の下級藩士役で、吉川の心情をもセリフにして表現する上地については、「2人分だから、落語か1人禅問答をしている感じだった」と評価。それでも、「アスリート出身だから、多くを語らずともリズム感、馬が合ってやりやすかった」とねぎらった。

だが、上地は「馬が合うの後だと、おやじギャグに聞こえた」と爆笑。吉川は、「おまえ、キャッチャーだろ。女房役なのに、全然受けていないじゃないか」と不満たらたらだ。しかし、上地が「どんな長ゼリフも怖くなくなった」とアピールすると、「ベラベラしゃべる役ばっかりくるぞ。テレビ局の皆さん、長ゼリフの役をお願いします」と愉快げにツッコんでいた。

また、吉川は広島出身ということもあり、西日本豪雨の被害者に対し「亡くなられた方のごめい福を心よりお祈り申し上げます。また、避難生活を続けている方々が1日も早く元の生活に戻れるよう祈っています」と気遣った。

「黒書院の六兵衛」は7月22日スタート、毎週日曜午後10時から全6話が放送される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
堀田茜がした出川哲朗への“失礼発言”に批判殺到「何様のつもり」
浜崎あゆみ「ピンクのミニスカート」姿の写真にネットがまた騒ぐ
指原莉乃がTENGAを体験「私も指突っ込んでみたい!」
吉岡里帆、フジ新連ドラでポンコツ演技ぶり露呈...『カルテット』での才能は見る影もなし
松本人志は見抜いていた!?久本雅美が結婚できない理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加