韓国・宣銅烈監督 元中日・李鐘範ジュニアも選出「経験を積ませたい」

韓国・宣銅烈監督 元中日・李鐘範ジュニアも選出「経験を積ませたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/13

◇アジアプロ野球チャンピオンシップ2017

No image

ポーズをとる(左から)侍ジャパン・稲葉監督、台湾・洪一中監督、韓国・宣銅烈監督

96~99年に中日で守護神として活躍した韓国代表の宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督は「20年の東京五輪を見据えて選考した。経験を積ませたい」と話した。

オーバーエージ枠は使わない。かつて中日に所属した李鐘範(イ・ジョンボム)の息子で19歳の李政厚(イ・ジョンフ)(ネクセン)も代表入り。指揮官は「機動力も高い。組織力でこれまで見せられなかった野球を」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
暴走続きの張本勲と関口宏を一喝した金田正一に「よくぞ言った」と称賛の声
清宮獲得のためにセ・リーグがDH制度導入検討
巨人に問われる不退転の覚悟
ベースボールキング
パCSファイナルS国歌独唱 宝塚の男役・和海しょうは「斉藤和巳」が芸名ルーツ
ソフトバンク東浜「申し訳ない」1試合3被弾で黒星
  • このエントリーをはてなブックマークに追加