楽天・森「ストライク先行の投球できた」 DeNA今永参考フォームに手応え

楽天・森「ストライク先行の投球できた」 DeNA今永参考フォームに手応え

  • ベースボールキング
  • 更新日:2018/02/15
No image

韓国・KIAとの練習試合に先発登板した楽天の森雄大

◆ 5年目の昨季は1勝…「立場的に気が抜けない」

楽天の森雄大投手が14日、韓国・KIAとの練習試合に先発登板し、3回を投げ1安打3奪三振無失点と好投した。

森は初回、すべて内野ゴロで3者凡退に仕留めると、2回は一死から、3者連続三振をマークした。3回は二死から初安打を許したが、次打者を投ゴロに退け3回を1安打投球。降板後、「練習試合の開幕戦を任せてもらって、打者に考える時間を与えずストライク先行の投球ができた」と振り返った。

自主トレでは同じ福岡県出身で、1歳年上のDeNA・今永へ弟子入り。「一度、バッターから目を切る」と語る新フォームは今永を参考にしており、「プレートの立ち位置も一塁側から三塁側へ変えた」と語る。

梨田監督は試合後、「右にやっかいなカット系の球とかよかったし、クイックも早くなった」と評価。それでも6年目を迎える左腕は、「立場的に1試合も気が抜けない」と危機感を露わにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
矢野2軍監督“羽生のススメ” 若虎よケガのマイナスをプラスに変えろ!
松坂大輔、「実際の球速は140キロ割れも」な“フィーバー”悲しき現状
ソーシア監督明言!大谷、「投手」でオープン戦デビュー
“清宮斬り男”D5・桜井にDeNA・ラミ監督ぞっこん!2軍練習試合1回0封
ソフトBキーマンに聞く 中村晃×柴原洋氏 初GG賞へ3度受賞の先輩太鼓判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加