14日 西日本・東海エリアの天気と注意点

14日 西日本・東海エリアの天気と注意点

  • tenki.jp
  • 更新日:2018/07/14
No image

厳しい暑さが続いている西日本・東海エリアでは、14日は更に気温が上がり、名古屋や岐阜、京都の最高気温は38度の予想です。その他も35度以上の猛暑日になる所がある見込みで、熱中症に警戒が必要です。午後は山沿いを中心に局地的に雨や雷雨があるでしょう。

危険な暑さ 熱中症に警戒を

No image

きょう(14日)も西日本と東日本を中心に勢力の強い高気圧に覆われる見込みです。九州から東海では強い日差しが照りつけるでしょう。最高気温は名古屋、岐阜、京都で38度、大阪、奈良、大分県の日田で37度、山口、岡山で36度、広島で35度の猛暑日が予想されています。そのほかの地域でも愛媛県の宇和島で34度など、各地で厳しい暑さが予想されます。
豪雨の被災地では、避難所など生活環境の変化によって、より熱中症のリスクが高まっています。水分や塩分の補給を普段以上にこまめに行い、復旧作業の際には日陰で十分に休息を取るなど、できる限りの対策をして下さい。

午後は山沿いを中心に雨や雷雨

No image

気温の上昇に伴って午後は大気の状態が不安定になる見込みです。九州から東海では、山沿いを中心に雨や雷雨があるでしょう。
豪雨の被災地では今も地盤が緩んでいたり、土砂や流木で川の流れが悪くなっていたりする所も多くなっています。引き続き土砂災害や川の氾濫に十分な注意が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
富山市の性的暴行事件 「容疑者8人全員釈放」の展開に疑問の声と憶測飛び交う
宮内庁指摘、小室圭さん“まだフィアンセではない”
なぜスウェーデンでは交通事故死者の数が少ないのか?
【衝撃事件の核心】「雑炊が気にくわん」謝る店主を殴り続ける 法廷で語られたちゃんこ店暴行死事件の凄惨さ
【報ステ】愛知・小1男児死亡 熱中症か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加