最新ランキングをチェックしよう
<山形国際ドキュメンタリー映画祭2019>が受賞作決定。最高賞はワン・ビンの8時間を超える超長編作に!

<山形国際ドキュメンタリー映画祭2019>が受賞作決定。最高賞はワン・ビンの8時間を超える超長編作に!

  • ぴあニュース
  • 更新日:2019/10/17

世界のドキュメンタリー映画とドキュメンタリストが一堂に会す<山形国際ドキュメンタリー映画祭2019>(以後、ヤマガタ)の授賞式が16日行われた。注目は最高賞となるロバート&フラハティ賞の行方。その栄冠には、中国のワン・ビン監督の『死霊魂』が輝いた。

今回のヤマガタのインターナショナル・コンペティションはフレデリック・ワイズマン監督やアナンド・パトワルダン監督といったドキュメンタリー映画界の巨匠か

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
斎藤工、苦難乗り越え公開に感慨 制作3年に「日本の不自由感じた」
めっちゃイケメン!『ターミネーター』新キャラ役に熱視線
「ロングデイズ・ジャーニー」ティザー予告解禁、松本大洋や坂本龍一も称賛
10年で3000冊を読破した新聞記者、厳選の「ヤバいの本」
11月22日の注目映画第1位は『アナと雪の女王2』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加