レンズに液晶を埋め込んだ高性能アイウェア『タッチフォーカス』とは...CEATEC 2018

レンズに液晶を埋め込んだ高性能アイウェア『タッチフォーカス』とは...CEATEC 2018

  • レスポンス
  • 更新日:2018/10/17
No image

次世代アイウェア「タッチフォーカス」

もっと画像を見る
三井化学はCEATEC JAPAN 2018に出展し、次世代アイウェア『タッチフォーカス』を展示した。液晶を埋め込んだレンズによって、快適な遠近両用メガネを実現するものだ。

通常の遠近両用メガネは、レンズの上半分を中長距離用とし、レンズの下半分に近接用のレンズを埋め込むことで、近眼と老眼の補正を同時に実現するものだが、『タッチフォーカス』は、メガネのツル部にあるタッチセンサーがスイッチになっており、レンズの下部に埋め込まれた透明な液晶の屈折率を変化させることで、近接用のレンズを一時的に発現させる仕組みになっている。

同社広報グループの大塚美也子氏は、「今年の2月から限定販売を開始し、現在販路を拡大中です。来年には海外にも展開していきます」と説明する。

このメガネは、液晶の分子配列を垂直から水平に変化させることで、屈折率を変化させる技術によって実現した。「薄いレンズのなかに、9層構造の液晶レンズを埋め込んでいます。ここがいちばん難しいところでした」と振り返る。

もともと三井化学はメガネレンズ材料で世界シェア4-5割のトップ企業であるが、今回は自ら最終製品を手掛けることになった。「開発者には、これは絶対に世の中に役に立つ技術だという想いがありました。我々もそれを形にしようということで製品化にこぎつけました」と大塚氏はその経緯を語る。

タッチフォーカスの価格は25万円と決して安くはないが、大塚氏は、付加価値をさらに乗せていくことで魅力をアップさせる方向で考えていると説明する。

「液晶レンズ用の回路を片方のツルに埋め込んだのですが、もう片方が空いているので、例えば骨伝導の補聴器を組み込んだり、心拍数をモニタリングしたり、白内障を予防するような高精度な調光機能などが考えられます」とのことだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アーバンスポーツ通じて最新技術や商品を世界に発信
ZOZO前澤を口説いた男が挑む「地方で給料を諦めない」働き方改革
投資の神様バフェットが最も重視した「企業を見抜く4つの視点」
MVアグスタが ブルターレ1000セリエオロ、230馬力で300km/h超...EICMA 2018
軽自動車には機能や装備の割に安い「買い得グレードの価格帯」がある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加