最新ランキングをチェックしよう
中国製の監視カメラ、米国の至る所に「目」

中国製の監視カメラ、米国の至る所に「目」

  • WSJ日本版
  • 更新日:2017/11/14

米テネシー州メンフィスの警察は監視カメラを使って街頭での犯罪に目を光らせている。米陸軍はミズーリ州の基地を監視カメラでモニターしている。全米の住宅や企業にも防犯カメラは設置されている。
 これら監視カメラは全て1社が製造している。中国政府が42%保有する杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)だ。同社のカメラは一時、アフガニスタンの首都カブールにある米大使館でも使用されていた。
 ハイクビジョンは、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
TPP11カ国会合 米を除く新たな協定の署名式を3月に
死亡後に棺桶の中で33歳女性が出産 葬儀会社スタッフが発見(南ア)
日本とアルゼンチン、租税条約締結へ交渉開始
欧州訪れる中国人観光客が2桁増、現地で直面する問題とは?―中国メディア
生贄にする目的で養子縁組、黒魔術の儀式で拷問され続けた4歳男児(ブラジル)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加