ミラン戦劇的同点弾のGK予感的中「現実になった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/05

3日に行われたホームでのACミラン戦で、奇跡の同点弾を決めたベネベントのイタリア人GKアルベルト・ブリニョーリ(26)は、最後のセットプレーでペナルティーエリア内に入った瞬間にゴールできるイメージができていたことを明かした。5日付の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

1点を追う後半ロスタイムの左からのFKでゴール前に攻撃参加。MFカタルディのクロスにダイビングヘッドでゴール右隅に決め、2-2の引き分けに持ち込んだ。

ブリニョーリは「ゴールが決まる10秒前にペナルティーエリア内に入ったけど、その時にゴールシーンが頭をよぎった。それが現実になった」と初ゴールを振り返った。また「あの試合の前にはインスタグラムのフォロワー数は5、6000人だったのに、今は3万1000人から3万2000人になっているよ」と急激に増えたフォロワー数に驚いていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“レスターの再来”も? 意外なチームがプレミア4位浮上。「夢に限界はない」
浦和DFマウリシオ、珍しい“足”での2得点を喜ぶ。「頭なら慣れているけど...」
クラブW杯準決勝、レアルのスタメン発表! C・ロナウドら先発、主将ラモスは負傷欠場
ミランCEO、低迷する現状に大補強を後悔!? 「選手を獲得しすぎた可能性はある」
メッシ&C・ロナウドの両方とチームメイトである幸運をセメドが語る。「僕は恵まれている」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加