【インタビュー<後編>】フルカワユタカ、「days goes by」を語る「誰かと作るというデカいテーマ」

【インタビュー<後編>】フルカワユタカ、「days goes by」を語る「誰かと作るというデカいテーマ」

  • BARKS
  • 更新日:2017/11/15
No image

フルカワユタカが11月8日、シングル「days goes by」をリリースした。同作はDOPING PANDAインディーズ時代のプロデューサーTGMX(FRONTIER BACKYARD)と再びタッグを組んで制作されたもの。これを皮切りにアルバムリリースや自身主催フェス開催をはじめとする今後の注目展開が続々と発表されており、活動ペースも周囲を巻き込んだアプローチもこれまでにない盛り上がり。先行シングルとしてリリースされた「days goes by」はその起爆剤となるものだ。

◆「days goes by」ミュージックビデオ 動画

先ごろ公開したインタビュー前編では、2017年に増大した活動の理由と、今後予定されているソロ5周年活動20周年イベントについて語ってもらった。その後編はタイトルナンバーに加えて11曲のデモ音源を収録したシングル「days goes by」と、すでにレコーディングが終了しているという2018年1月リリースのアルバム『Yesterday Today Tomorrow』への予感について。

シングル「days goes by」のサウンド&プレイはもとより、メンタリティの変化がもたらしたアルバムコンセプト、フルカワならではの愛深きバンド論など、前編に続いて深く訊いたロングインタビューをお届けしたい。

◆   ◆   ◆

■「すげえ!」って言わせたかった

■デモ段階から愛でられてる曲です

──11月8日にニューシングル「days goes by」がリリースされましたが、すでに2018年1月にニューアルバム『Yesterday Today Tomorrow』リリースも発表となってまして。「days goes by」は先行シングルというカタチですか?

フルカワ:はい。僕自身、シングルリリースってドーパン (DOPING PANDA)の時からけっこうイヤだったんですよ。アルバムで勝負することを考えると、シングルのカップリングって1曲捨てるようなもので、すごく残念だったりするんですね。だからといってリミックスを入れたりとか、そういう片手間感みたいなのもイヤだし。ただ、世の中の流れでシングルが出せなくなってきてるじゃないですか。YouTubeとかでミュージックビデオが観られるし、だったら配信でいいじゃないかっていう方向に業界が進んで、パッケージとしてのシングルの意味合いがどんどん薄れている。そういった中で、なくなると不思議なものでシングルが恋しくなる(笑)。今回、メーカー側から「シングルを出そう」って言われて、「え、いいの?」と(笑)。

No image

──「days goes by」はニューアルバム『Yesterday Today Tomorrow』収録曲からセレクトした楽曲ですか?

フルカワ:アルバム中から1曲、チームで選んだ感じです。デモをしっかり作って、その中から「これはシングルになりそうだね」っていう4曲を先に録ったんですよ。ミックスまで終わらせた段階で、その中から選んでもらいました。

──この曲が選ばれた決め手は?

フルカワ:一番大きいのは、今回のプロデューサーのTGMX(FRONTIER BACKYARD)さんですね。ある程度一任したんです。というのは、ドーパン後期はミックスまで自分の手でやってたんですけど、今はその時よりもっと“自分だけ”な環境じゃないですか。エンジニアさんと僕の中で完結しようと思えば出来ちゃう。今回は、そうじゃないカタチで制作したかったんです。

──そういう理由で、DOPING PANDAインディーズ時代の師匠でもあるTGMXさんをプロデューサーに迎えたわけですね。

フルカワ:そうです。もちろん自分が正しいと思うところは意見を戦わせたり建設的な話をしますけど、たとえば録り方とか混ぜ方、アレンジの仕方で食い下がるよりも、一回引いて受け止めて、自分で消化するっていう作業をしたかったんです。だから、シングルの選曲に関してもTGMXさんとメーカー担当者とで選んでもらって。もちろん僕も好きな曲ですけど、もうちょっと派手なドーパンっぽい曲も、その4曲のうち2曲ぐらいあったんですよ。

──客観的な意見を尊重したと?

フルカワ:珍しいでしょ(笑)。ドーパンのメジャー以降はほとんど自分主導。ソロになったら、もっとそうなったじゃないですか。でも実は、前回の「サバク」はマネージャーの一押し曲でミュージックビデオを制作してるんです。そのへんからフレキシブルになって。人の意見を聞きたくなるっていうことの極みじゃないですか、プロデューサーをつけるって。しかも直の先輩であり、ミュージシャンとして尊敬してるTGMXさんなので、メンタル的にも乗っかっていこうっていう。「days goes by」を選んだことに関してTGMXさんは、「“フルカワっぽい曲”を外したい」とは言ってましたね。

──16ビートや4つ打ちのダンスチューンとか、疾走感あるパンクのような十八番ではなく、ということですか?

フルカワ:4曲の中で最も新機軸というか、新しく生み出された感があるものですよね。確かにアダルティで洋楽っぽい曲じゃないですか、「days goes by」は。TGMXさんとしては、「連想できるような曲だと俺とやってる意味もないし、今回は違うところに届けたほうがいいんじゃないか。フルカワっぽい曲はこの後のアルバムで思う存分やればいいから、先行シングルは、違うフルカワユタカを見せるべきじゃないか」みたいなことを言ってましたね。だから、先行シングルだけどアルバムを代表するっていう意味合いとはちょっと違っていて。で、僕はその意見に関して全く賛成でした。

No image

──アルバム『And I’m a Rock Star』のインタビュー時、収録曲の「can you feel」は「カテゴライズされないものを書きたくて、それがカタチになった曲」とおっしゃっていたんですね。「days goes by」もファンクでディスコでソウルだけど、ひとつにカテゴライズできない楽曲で。ご自身も手応えを感じていた「can you feel」をさらに推し進めた新たな楽曲という印象を持ったんですが。

フルカワ:間違いなくそうでしょうね。「can you feel」について僕が「作曲家としてある一定の壁を越えた」みたいなことを言ったのは、ケツを叩かれる感覚がちゃんとあって書いたものって言うか。もちろん、他の曲で手を抜いてるわけじゃないし、すべての曲が自然体なんですよ。メロコアな曲も大好きだし、それこそ僕は王道のヴァン・ヘイレンが好きですから、ファンライクな曲が好きだったりもするんです。そういう自分が押し出される時もあるんだけど、今回のアルバム自体、そればっかりではない。「days goes by」は特にそうなんですよ。

──たしかにわかりやすさ全面の曲ではないですね。

フルカワ:「すげえ!」ってTGMXさんに言わせたかったんです。この曲はデモが上がった段階から愛でられてるって言ったら変ですけど、「この曲はイイ、この曲はイイ」とTGMXさんも言ってましたね。

──ちょっと楽曲のコアな話をうかがいますが、楽曲構成って最初からこのカタチだったんですか?

フルカワ:構成をわかりやすくしたぐらいかな。TGMXさんが“いいな、この曲”って言うときはあんまりイジらないですからね。いいと思ってるところは削らないですし。

──ド頭の弾き語り的なAメロ部分って、その後も繰り返し出てくるもんだと思ったら、BメロとCメロが繰り返されますよね。“あれ?Aメロは最初の一発だけ?”と思ったら、最後の最後に出てくるみたいな。つまり、プロローグとエピローグ的にAメロが入っているアレンジが印象的でした。

フルカワ:特徴的な曲進行だけど、出来上がってみるとストライクっていう部分はTGMXさんのアイデア。僕はプログレッシヴに感じちゃうからそうはしないんです。たとえば僕自身は、ずっとループだったりとか下世話な進行が好きなので、「サバク」もそうですけど、ある種普遍的でしょ。TGMXさんはそこをひねってくるというか、天邪鬼なのか(笑)。FRONTIER BACKYARDもSCAFULL KINGもAメロが1回しか出てこないっていう曲があるんですけど、それをポップに聴かせるんですね。

──決してトリッキーではなく馴染んでるという。

フルカワ:1曲通して聴いてみるとトリッキーじゃないっていうのは、それはもう昔から感じてるTGMXさんのアレンジの特徴ですね。

◆インタビュー(2)へ

■「オマエのちょっとズッコケたところ

■もうバレてるから」と言われる(笑)

──では「days goes by」のアダルティな各楽器パートのアレンジはどのように?

フルカワ:まず僕が作ったデモはループでしたね、ベースもサビのフレーズをずっと繰り返すみたいな。ひと口にファンクと言っても、TGMXさんはPファンク寄りだけど、僕はアフリカ音楽に近いループものが好きだったりするんですよ。ただ展開に関しては、僕は主旋律のメロディアスなものが好きだから、そこで起伏をつけていくような。この曲も繰り返しだったバックトラックから、ベース抜いたりとかをTGMXさんがやりました。それがバッチリはまってると思います。逆に言うと、メロディはほとんどデモのまま。アレンジをイジっていく感じでした。

──2サビ後の展開部もTGMXさんのアイデアですか?

フルカワ:その2拍3連の展開自体をTGMXさんがつけたのかな。ちなみにアルペジエーターは僕が入れました。

──フルカワさんっぽい音です(笑)。

フルカワ:でしょ? たぶん知ってる人はどこが僕でどこがTGMXさんかわかると思いますよ(笑)。

No image

──女性のゲストヴォーカルというアイデアは?

フルカワ:UCARY (UCARY & THE VALENTINE) ちゃんですね。もともとのデモも2サビから主旋律がファルセットで、その上のハモも自分のファルセットで入れてたんですね。ただ、“ファルセットになるんだったら女性の実声を入れたほうがいいかな”とアレンジ的な意味で思ったし、アルバムに収録されたときに女性ヴォーカル楽曲は効果的なんじゃないかと。というところで、僕はゲストヴォーカルを呼ぶっていう感覚があまりないので、TGMXさんと相談しながら進めましたね。

──話は飛びますけど、アルバムには豪華ゲストヴォーカル陣が参加することも発表となってますよね。

フルカワ:TGMXさん曰く、メインヴォーカルじゃない人のコーラスが入ったほうが、音に奥行きとか立体感が出るっていう。しかも、自分とのストーリーがある人を呼んだほうがいいっていうところで、例えば市川(LOW IQ 01)さんとかバンアパ(the band apart)の荒井とかはTGMXさんの提案だし、夜ダン(夜の本気ダンス)は僕らチームからの提案です。

──アルバムの仕上がりが楽しみです。「days goes by」の歌詞は全編英語ですが、フルカワさんから作詞家さんへテーマ的な指定は?

フルカワ:それを今回一切やってないんですよ。たとえばこの曲だと、UKのロックとかダンスのバンド名やアーティスト名を出しながら話をした感じで。

──歌詞の内容としては、僕と君という男女間のストーリーですか?

フルカワ:和訳は僕がやったんですけど、英詞は雰囲気的なもので、英単語を機械的に並べたようにドライなんですね。それをハードな男女の話、僕と君のストーリーとして日本語で意味合いを持たせたというか。恋愛にもとれるし、ソウルメイトにもとれるように。

──歌詞に関連しているのか、花を持ったフルカワユタカというコンセプトのシングル用写真がファンの間でザワッとしました(笑)。

フルカワ:ははは。まあ、ざわめきますよね。この写真に深い意図はなく、カメラマンさんからの提案だったんです。「フルカワさんは、ロックスターとおっしゃってるので、花を使って撮ってみたい」と。モリッシーの写真に花を持っているものがあるらしいですね。結果、とてもファニーでカワイらしい、自分っぽくないものに仕上がりましたね。それはそれで新しい一面なんだけど、あまりにも今までのイメージとかけ離れたので、撮影した中で僕が選別した折衷案が、あの横顔のカット。もしかするとカメラマンさんが選別したカットをメインの写真にしたら、もっと世間がザワッと……(笑)。

──それが、前回のBARKSコラムで使用した花を持って笑顔の?

フルカワ:そうそう。けっこうガッツリ急にスイッチを入れ替えた感じになってますよね(笑)。ただ僕は、写真となるとカッコつけるところがあって、もうそのトリガーを外してもいいのかなって。それは市川さんとかACIDMANの大木とか、バンアパの荒井にも言われるんですよ。「オマエのちょっとズッコケたところ、もうバレてるから」って。

──いや、ダダ漏れですよ。

フルカワ:ははは! BARKSのコラムでは僕のそういうところを書いてるわけだし、「もう見せてもいいんじゃないの?」って言われるんですけど、やっぱりすでに出ちゃってるんだ(笑)。だから、もしかしたら花の写真も、その着地点のひとつだったりするんですよ、僕の中では。けっこうみんなからの評判もよくてね、横向きの写真。だったらもうちょっと攻めてもよかったのかな、僕が臆病になっちゃったかな……っていうか僕、そもそもモリッシーじゃないんで(笑)。もちろん写真としては気に入ってますよ。

No image

──では、シングルの話に戻りますが、11曲収録されたデモ音源はどれも完成度の高いものばかりで。

フルカワ:ありがとうございます。ドーパン時代にメンバーに聴かせてたデモはもっとラフでしたけど、基本的に僕は、作曲段階からコンプとかEQとか掛けながら録るのがクセになっているんですよ。ミックスもしてますし、なんだったらトータルコンプみたいなセルフマスタリング作業みたいなことまでやっちゃってるので。

──デモとは言え、ひとりの作業ではないんですよね? バンドでやってるプリプロ音源的なものも入ってます?

フルカワ:いや、これ全部僕ひとりです。

──えっ!? ベースもドラムも?

フルカワ:ドラムは打ち込みもありますけど、僕が生ドラムを叩いている曲もありますよ。「ケモノ」がそうかな。

──完全にバンド感あるじゃないですか。

フルカワ:バンド感ありますよね(笑)。自分ひとりでやると、より同じグルーヴが出るんです。ただ、今はもう物理的に生ドラムが録れるデモ環境にないので、「ケモノ」以降のデモはほぼ全部打ち込みですけど。

──そもそもデモを入れようっていうアイデアは?

フルカワ:僕発案です。シングルリリース自体はメーカーから提案されたものですけど、おもしろいシングルにしたかったんですよ。それにさっきも言った通り、どっちみちカップリングを入れるとしたら本気になるじゃないですか、それが僕の性分なんで。渾身の1曲をカップリングに削られるのも体力に大変なので(笑)。とはいえ、リミックスもイヤだし、そこで思いついたのがデモ音源。ヒントはフォールズ (英国の5ピースバンド) の2枚目『トータル・ライフ・フォーエヴァー』リミテッドエディションです。それはスタジオで木琴叩いてるだけのデモ音源もあったり、もっとラフなんですけどね。デモ音源の発表は1回やってみたいと思ってたんで、メーカー担当者に「カップリングは曲じゃなくていい?」って訊いたら、「むしろおもしろいほうがいい」って言われて、「じゃあデモを入れたい」と。

──どんなふうにセレクトした11曲ですか?

フルカワ:ハードディスクに保管してるものから、“これ入れたいな、聴かせたいな”っていうものを、ある種、雑に。もちろん急いで作ったデッサン的なデモもあったんですけど、結果、ちゃんと作り込んだやつというか、クオリティのしっかりしたデモが残ったかな、並べていく過程で。あとひとつ言えるのは、ドーパン時代に作ったデモは1曲も入れてないです。未発表曲がいっぱいあるので、入れようと思えば入れられたんですけど、それはルール違反な気がしたから。ハヤトとタロティが知ってる曲は1曲も入ってないです。

◆インタビュー(3)へ

◆インタビュー(1)へ戻る

■美学というかロマンというか

■バンドって人生に1個でしょ

──基本的に既発表曲のデモが中心ですよね。その完成形とデモを聴き比べてみるとおもしろくて。たとえば「Beast」のデモ音源「ケモノ」は、ギターのテーマが入ってるデモに対して、完成形の「Beast」はそれが入ってなかったり。

フルカワ:そう。そういう聴き方をしてもらえると、曲にストーリーが生まれますよね。

──それに、歌が乗る前のインストだろうなというデモもありますが、「ariki」は最初からインストチューンとして生み出されたデモですか?

フルカワ:「ariki」は洋服デザイナーの有木くんっていう友達がいて。オファを受けて彼のホームページ用に作ったインストですね。「パパッとで良いなら」って作った曲なんですけど、そういうモチベーションで書いた時ってけっこういいんですよ。乱暴すぎるラフを人に聴かせるものにアレンジしていく前段階だから、何でも許されるというか。自分が好きな洋楽っぽくなったかな。

──あと、「isolation」は「真夜中のアイソレーション」のデモですが、この女性ヴォーカルは?

フルカワ:これ、僕が歌ったものにオートチェンジャーを掛けてピッチシフトで上げてるんです。結局、『And I'm a Rock Star』に自分のヴォーカルで収録しましたけど、作った当初は女性シンガーが歌うことを想定して書いた曲だったんですよね。SMAに戻って一番最初に作ったデモかな。まぁ、演奏とか打ち込みのシンベはすごく甘かったり、今だったらもっと生ドラムに聴こえるようにするんですけどね。

──ただ、このバージョンのアレンジも疾走感があっていいです。

フルカワ:僕も聴き返してる時に、“これ、超いいな”と思って。だから入れたんです(笑)。

──「欲望」と「tropical」に関しては未発表曲のデモ音源ですよね。両曲とも歌メロが乗るだろうなっていうアレンジですが。

フルカワ:「欲望」も実は女性が歌うことを想定して作ったもので。本当は主旋律もあるんですが、歌を抜いてるのはそういう理由もあってね。この曲はドラムンベースをポップに落とし込んだアレンジがすごく好きで収録したんです。海外のドラムンベースって、もうちょっとクラブ寄りじゃないですか。ドーパンでも「thunder」とかでドラムンベースのリズムにJ-ROCKのメロを乗せるみたいなことをやってるんですよ。あと「tropical」は打ち込みですけど、アレンジ自体はほぼ完成形ですね。相当なところまでいってるデモ(笑)。

No image

──わかりました。では2018年1月リリースのアルバム『Yesterday Today Tomorrow』ですが、現在(10月末)のところ進行状況は?

フルカワ:もう録り終えて、マスタリングを待つだけです。RECは7月から8月くらいに短期集中で。だから夏フェスの合間に録ったり、歌詞を書いたりしてたんですよ。遡ると、今年2月にアルバムを作ろうって決めて、3月ぐらいにTGMXさんにオファーして、打ち合わせを始めて。

──全曲が、そこから作り始めた新曲ですか?

フルカワ:ですね。自分の気持ちとして、TGMXさんにプロデュースしてもらうなら前の曲じゃないほうがいいと思ったんで。やるって決めた時から曲を書き始めたんです。

──前アルバム『And I’m a Rock Star』は音楽的に、その時点までのフルカワさんの総括的な側面もあったと思うんです。アルバム『Yesterday Today Tomorrow』は今年書いた新曲ばかりということですが、どういう内容になりますか? 今、語れる範囲で教えてください。

フルカワ:一にも二にもTGMXさんとやるって決めたことが、僕にとって大きな変化だと思うんです。ドーパンのインディーズ時代にTGMXさんと作ってたわけですけど、「俺はTGMXさんと一緒じゃないといいもの作れないんじゃないか。そんなはずはない!」っていう強迫観念みたいなものがそこにはあって。それでメジャーに飛び出すんですけど、以降、プロデューサーを立てなかったのはそういうことなんです。

──それどころか、エンジニアリングまで自分が行うところまで突き詰めましたよね。

フルカワ:そう、自分を証明したくてね。でも、ソロになって1枚目のアルバムを作ったところから、再びエンジニアをつけて、その作業に対して僕が何かを言うことはなくなったんです。つまり、誰かとやりたいっていう方向に少しずつメンタルが変わっていって。今回、TGMXさんをプロデューサーに迎え入れたことも、フェスイベント<5×20>も、そういうメンタリティと繋がっている。誰かとものを作るっていう、でっかいテーマがありますね、そこには。

──ひとりでやれるところまでやったから、ということも大きいんでしょうか。

フルカワ:僕の歴史は誰かを排除してきた歴史でもあって、それが正義だと思ってましたから。芸術家というか物作りは鋭利な状況下でないと良いものが生まれない。いろんな人がいると薄まっていく。突き詰めれば最後に見つかると思っていたんです。だけど、そこでどん詰まった後、もしかしたらそれは違うのかもしれないなって。そこまでいったからそういうふうに思えたんでしょうね。根本的にはひとりが好きっていうところは変わらないと思うんです。でも、ひとりで突き詰めていくのかと言えば……きっとこの先は絡まり合いながら、誰かとものを作っていくんじゃないかな。自分が音楽的に成長したり、新しい可能性を開くために。たぶん、これも変わらないでしょうね。

No image

──少し話を飛躍させますが、それはバンドがやりたいっていうことではないんですよね? あくまでもソロで?

フルカワ:これってバンドじゃわからなかったことですからね。それも変な話なんですけど、でも実は全然矛盾してないのかもしれない。ひとりだから、否応なしに誰かとやらなきゃ進められない。だから人とやるっていうことに意義を感じてるっていう……やっぱり変な話ですかね(笑)。

──そもそもバンドを解散したら、別のバンドを組むっていう選択肢もあったはずだし、それは今からだって出来ることですよね。複数のバンドを同時進行させているミュージシャンも少なくない。でも、フルカワさんもLOW IQ 01さんもやっぱりソロでやっていくんでしょうか。

フルカワ:バンドを組まない人ってけっこう決まってますよね。僕もよく「バンド組みなよ」ってアドバイスをもらったりするんですよ。市川さんがどう思って組まないのかはわかんないんですけど、組まない人なんですよ、きっと。僕もそうなんです。

──でも、解散するまでバンドを組んでたわけじゃないですか。

フルカワ:だから、それしか組まないんでしょうね。

──愛がある発言だなー。

フルカワ:愛だけじゃないんですけど、愛もあるんですよ。SUPER STUPIDの話を市川さんはすごくするし、僕もドーパンの話をよくするんです。だからきっと愛はあるんだけど、それだけじゃなくて。やっぱりやりたくないんですよ、解散したら次のバンドはないっていう人種がいるんです。もちろん人それぞれだし、もしかしたら再結成とかあるかもしれないし、企画バンドみたいなことはやるかもしれないですよ。でも、美学というかロマンというか、バンドって人生に1個でしょって……今、答えながらそう思いました。

──ロックスターらしい言葉です。

フルカワ:いや、なんとなくですけどね(笑)。「組め」って言われたら組むかもしれませんよ。

──今、ソロとしていろいろな人と関わりを持ちたいと思っていることは、矛盾してるようで、やっぱり矛盾してないんですね。

フルカワ:うん。そうでなきゃ良いものが生み出せないっていうのは、ひとつの答えですね。丸くなったって言う人もいるかもしれないけど、ずぶずぶになって染まっていくわけじゃないですから。僕自身やってきたことがそうはさせないでしょ、何があったって。自然体でそうなってるんですから。

──なるほど。それにしても11月からますます忙しくなりますね。

フルカワ:<5×20>をあいだに挟んで、アルバムツアーも久々にありますからね。今、すごく前向きですよ。続けていると難しいことや大変なこともあるけど、ポジティヴなフルカワユタカを、その全部に置いていければいいなと思ってます。それが花になって咲いてくれれば、それがまたポジティヴな自分を作るんじゃないかな。

──今、まさにそういう状況の中に居ますから。

フルカワ:そうだと思います。あんまり実感はないですけど、あれよあれよと人前でギター弾いて、アルバム作ってるなっていう……もっとやりたいですね、もうどんどんよくしたいです。

取材・文◎梶原靖夫 (BARKS)

◆インタビュー(2)へ戻る

◆インタビュー(1)へ戻る

◆インタビュー<前編>へ

■シングル「days goes by」

2017年11月8日(水)発売
【CD】NIW136 1,700円 +税
01. days goes by
※Guest Backing Vocal:ucary valentine
※Producer:TGMX
02.ケモノ('12年6月)
03.'12年4月 ariki pt1('12年4月)
04.'13年7月 2step('13年7月)
05.ハネたバラード('13年7月)
06.isolation ('14年10月)
07.ariki pt2 ('13年11月)
08.deep sleeper inst ('15年9月)
09.欲望 ('16年2月)
10.メロコア ('16年7月)
11.tropical ('17年8月)
12.フェアウェル ('12年12月)
※新曲1曲+[ボーナストラック]デモ音源11曲収録

■アルバム『Yesterday Today Tomorrow』

2018年1月10日(水)発売
NIW137 3,000円(+税)
01. revelation
02. シューティングゲーム
03. busted
04. 僕はこう語った
05. days goes by
06. デイジー
07. DAMN DAMN
08. nothin' without you
09. バスストップ
10. no boy no cry
プロデュース:TGMX(FRONTIER BACKYARD)
▼ゲストヴォーカル
M1:LOW IQ 01
M5:UCARY & THE VALENTINE
M8:米田貴紀(夜の本気ダンス)
M9:荒井岳史(the band apart)
▼作詞
M7:須藤寿 (髭)

■全国ツアー<フルカワユタカ presents 『yesterday today tomorrow TOUR』>

2018年1月13日(土) 愛知県 伏見JAMMIN'
2018年1月14日(日) 大阪府 Shangri-La
2018年2月11日(日・祝) 静岡県 Shizuoka UMBER
2018年3月17日(土) 岡山県 岡山ペパーランド
2018年3月18日(日) 福岡県 INSA
2018年3月21日(水・祝) 宮城県 enn 3rd
【チケットオフィシャルサイト最速先行受付】
受付URL http://www.getticket.jp/g?t=e9fmz3z  (PC・携帯・スマホ)
受付期間:〜11月13日(月) 23:59

■<フルカワユタカ SHELTER 3days>

▼11月28日(火)下北沢 SHELTER「バック・トゥ・ザ・インディーズ」
サポートメンバー bass: 村田シゲ (ロロロ) / drum: 福田忠章 (Frontier Backyard , Scafull King)
▼11月29日(水)下北沢 SHELTER「フルカワユタカはこう弾き語った」
▼11月30日(木)下北沢 SHELTER「無限大ダンスタイム’17」
サポートメンバー guitar: 新井弘毅 / bass: 宇野剛史 (QUADRANGLE,GOLIATH) / drum: 鈴木浩之 (U&DESIGN, QUADRANGLE,GOLIATH)
▼チケット
全公演 前売り¥3,500(税込、D別)※SOLD OUT
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888 (weekday12:00~19:00)

■<フルカワユタカ presents「5×20」>

2018年1月28日(日)新木場STUDIO COAST
開場13:15 開演14:00
出演:フルカワユタカ / the band apart / Base Ball Bear / …and many bands , musicians
▼チケット
スタンディング 4,800円(税込)
※ドリンク代別
※3歳以上要チケット
一般発売:2017年11月25日(土)
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888 (weekday12:00~19:00)

■<FRONTIER BACKYARD 6th album「THE GARDEN」Release Tour>

2017年11月10日(金)宮城・仙台 enn 2nd
出演:ASPARAGUS / FRONTIER BACKYARD / フルカワユタカ
2017年11月11日(土)岩手・大船渡 KESEN ROCK FREAKS
出演:ASPARAGUS / FRONTIER BACKYARD / the band apart / フルカワユタカ
2017年11月12日(日)岩手・宮古 KLUB COUNTER ACTION MIYAKO
出演:ASPARAGUS / FRONTIER BACKYARD / the band apart / フルカワユタカ
2017年11月14日(火)北海道・札幌 BESSIE HALL
出演:ASPARAGUS / FRONTIER BACKYARD / フルカワユタカ
2017年11月16日(木)青森・aomori SUBLIME
出演:FRONTIER BACKYARD / フルカワユタカ
2017年11月17日(金)宮城・石巻BLUE RESISTANCE
出演:FRONTIER BACKYARD / フルカワユタカ
2017年11月18日(土)栃木・HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
出演:FRONTIER BACKYARD/ CALENDARS / フルカワユタカ

関連サイト

◆フルカワユタカ オフィシャルサイト
◆フルカワユタカ オフィシャルTwitter
◆フルカワユタカ オフィシャルInstagram
◆【連載】フルカワユタカはこう語った

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神宿、半年続くライブツアーへ「1つ1つのライブを熱くしていきたい」
DENIMS 初のフルアルバム詳細決定!新曲「ゆるりゆらり」を公開!
back number、佐藤健&土屋太鳳W主演映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』主題歌MV&ジャケット公開
MoMA Design Store期間限定、ISSEY MIYAKEポップアップショップオープン!
Eins:Vier、復活ライヴで再録ベスト盤リリースと全国ツアー開催を発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加