[vol.41] なぜに愛犬好きの男性セレブは、ピュアなやさしさを感じさ せるのか。ライアン・ゴズリングのネックレスを見て考えた

[vol.41] なぜに愛犬好きの男性セレブは、ピュアなやさしさを感じさ せるのか。ライアン・ゴズリングのネックレスを見て考えた

  • SPUR
  • 更新日:2017/10/11

話題作『ブレードランナー2049』の主役を張り、公私ともに絶好調のライアン・ゴズリング。このところ、彼のどの写真を見ても首からぶら下げているメダル付きのネックレスが目を引いていた。そのペンダントを彼は肌身離さずにつけていて、『ブレードランナー2049』のプレミアの際にも例外ではなかった。そのペンダントヘッドは、去年の暮れに亡くなったゴズリングの愛犬ジョージのアイデンティティ・タグということだった。17歳で旅立ったジョージをゴズリングは親友として愛し抜き、生前はどこの撮影現場にも連れて行ったのだという。だからこそ、そのペンダントはジョージが亡くなっても尚、いつも一緒にいたいというゴズリングの愛の深さなのだろう。

No image

は〜っ、いい話じゃないの。ゴズリング、なんてやさしい人柄なの。惚れ直すね。もう、そのペンダントは超高級なネックレスなんかより、バッキバキに価値のあるアクセサリーに見えてくる。思い起こせば、かつてミッキー・ロークが『レスラー』(08)でスクリーンに復活したときに、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされて、レッドカーペットにやはり亡くなった彼の愛犬ロキの写真がついたネックレスをしてきて話題となったっけ。それまでのロークのズタボロだったイメージが、映画の役柄と相まって、愛犬想いの本当はやさしくていいやつという好印象に変わったのだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バカリズムが「クズだからテレビ出られてる」と斬り捨てたタレントとは?
ベッキー、「当然のような態度」でアンガ田中との交際を拒絶して批判殺到!
スリムクラブ真栄田、ゴリとの確執を激白「大嫌い」
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
筧美和子、豊満バスト押し付け急接近 密着腕組みで「もはや服着てない」「かなり良質」視聴者の妄想掻き立てる<フリンジマン第3話>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加