1番清宮も?栗山監督、打順の「概念変えなきゃ」

1番清宮も?栗山監督、打順の「概念変えなきゃ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07
No image

日本ハム清宮(2017年11月24日撮影)

「1番清宮」もある!? 日本ハム栗山監督が6日、大胆な打線改造計画を明かした。所用で訪れた札幌ドームで取材に応じ、来季のオーダーについて「完全に真っ白」と、ゼロベースから再構築することを宣言。「今の形が本当にいいのか。概念を変えなきゃいけないと思っている」と続けた。その心は「中軸の考え方」。例えば、4番=長距離砲が得点を一番生み出しやすい形なのか-。オフの研究テーマに設定した。

今季は7月8日ソフトバンク戦で中田を1番に置いた。昨季は先発登板の大谷を先頭打者で起用したこともある。常識にとらわれない栗山監督は「極端な話、(普通では)4番を1番に入れた方が(打線が)回りやすいのかな」と、思考を巡らす。3番や4番を打ってきたドラフト1位の早実・清宮幸太郎内野手(18)も例外ではない。1番から9番まで、どの打順も任される可能性がある。「いろんなことを考えなきゃ、チームが勝たない」と打線に新たな概念を生みだし、日本一奪還を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【キヨシスタイル】大谷 登板間隔は中5日に?日本人が世界の野球を変える時代に
球界大御所がエンゼルス大谷翔平に警鐘「二刀流無理。選手生命縮める」
「藤浪晋太郎がトレード要員」って本当?
意外? 今年の漢字「北」 世間の声はやっぱりあの漢字
元SMAP中居の成功のウラにサッチー夫のベストセラー本
  • このエントリーをはてなブックマークに追加