110障害で準決勝進出の増野 決勝進出のサニブラウンに刺激「近いうちには自分も」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

陸上の世界選手権男子110メートル障害で日本勢として10年ぶりに準決勝に進んだ増野元太(24=ヤマダ電機)が11日、ロンドンから羽田空港に帰国した。男子200メートルでサニブラウンが史上最年少で決勝進出した快挙に「着順で決勝に進んだことはすごい。近いうちには自分も決勝に進みたい」と刺激を受けていた。

歴史的瞬間となった男子200メートル準決勝は会場で観戦した。「ゴール側で見ていたのでよく分からなかったけれど、いったいったいった!と興奮して見ていました。決勝は誰もが目指すところだし、日本人で出来ているということはすごいと思う」と話した。

増野自身は隣のレーンの選手が転倒する不運もあって、決勝進出を逃した。今年の日本選手権(6月)では日本記録に0秒01と迫る好タイムを持って臨んだ大会だっただけに悔しさもある。「日本記録を出したいという思いはあった。(転倒は)ハードルなんで良くあること、仕方ないです。ただ、まさかあそこで…」と苦笑いしていた。

世界選手権を初めて経験し、東京五輪で決勝進出という思いも強くなった。「絶対無理だという感じはなかった。東京五輪で決勝進出という思いは強くなった」と決意を新たにしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「女性初の首相最有力」野田聖子総務相の悪評とスキャンダル...致命的な信用のなさ
間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」
ワーストだヨ!今まで体験した「史上最悪なエッチ体験」5つ
エッチの時に男性が「これはムラッとする」と感じる彼女の服装5パターン
松ちゃんの苦言でフジ関係者の頭をよぎった20年前の“黒歴史”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加