ロジクール、ランナーの目線で開発されたイヤホン「Jaybird TARAH PRO」を発売

ロジクール、ランナーの目線で開発されたイヤホン「Jaybird TARAH PRO」を発売

  • MdN
  • 更新日:2018/11/09
No image

「Jaybird TARAH PRO」BLACK/FLASH

株式会社ロジクールは、「Jaybird」の新製品として、Bluetooth 5.0に対応するカナル型のワイヤレスイヤホン「Jaybird TARAH PRO」を順次発売する。「Jaybird」は、ランナーの目線で開発したイヤホンを提供している米国生まれのオーディオ機器ブランド。カラーバリエーションは3色あり、BLACK/FLASHが2018年12月6日(木)に発売され、MINERAL BLUE/JADEとTITANIUM/GLACIERは2019年1月以降の発売が予定されている。参考価格は各1万9880円(税抜)。

本製品は、ランナーとともに開発されたイヤホンで、「Jaybird」ブランドでは最高の性能を誇る。10月2日(火)に発表された「Jaybird TARAH」をベースとし、その手軽さやフィット感はそのままに、2時間のフル充電で14時間の連続再生が実現された。42.195km以上の超長距離レースのウルトラマラソンや、その練習にも対応が可能で、5分間の急速充電による2時間の再生もできる。

イヤーピースは、「TARAH」と同じくシリコン製の外皮にジェルが包まれている仕様で、耳の形に自然にフィット。左右をつなぐケーブルには、反射素材を編みこんだファブリックケーブルが初めて採用され、スピードシンチと呼ばれるケーブルの絞り部分も用意された。防水性能はIPX7相当で、塩分や油を含んだ汗に対しても強い設計のため、ランニング時の汗も気にせずに使える。

装着方法は、「TARAH」も対応している「アンダーイヤー」と、ケーブルを耳の上から回して装着する「オーバーイヤー」の使い分けが可能。製品には、左右それぞれ3種類のサイズのイヤージェルが付属している。本体サイズは543(幅)×22(高さ)×20(奥行)mm、本体+中サイズイヤージェルの重量は19.6g、ドライバーサイズは6mm、出力は最大12mW、周波数特性は20Hz〜20kHzで、対応コーデックはSBC。

No image

本体カラーは計3色

No image

株式会社ロジクール
問い合わせ:0570-00-2085
価格:オープン
URL:https://www.logicool.co.jp/
2018/11/09

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【検証】ドン・キホーテで販売開始した「3WAYイヤホン」を使ってみた! 2種のケーブルを着脱可能!!
スマホの通信費が下がってもユーザーは損する!?菅官房長官「携帯電話料金4割値下げ」発言の不都合な真実
広告なしで視聴できる「YouTube Premium」が日本上陸!追加料金なしでGoogle Playミュージックも利用可、月額1180円から
この見た目で電動ドライバーです! まるでペンのようにスリムな『WOWSTICK』なら、精密機械の修理もラクラク行える?
永久機関が実際には機能し得ない理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加