川崎悲願V導いた男・小林悠がMVP!史上6人目の得点王とダブル受賞

川崎悲願V導いた男・小林悠がMVP!史上6人目の得点王とダブル受賞

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/12/06

Jリーグの年間表彰式「2017 Jリーグアウォーズ」が5日、横浜市港北区の横浜アリーナで行われた。J1最優秀選手賞(MVP)は主将として川崎を初の優勝に導いた日本代表FW小林悠(30)が、史上6人目となる得点王(23得点)とのダブル受賞。昨季史上最年長でMVPに輝いたMF中村憲剛(37)に続き、2年連続で川崎から選出された。ベストイレブンも川崎が最多の4人を占めた。

壇上で男気が炸裂(さくれつ)した。華々しいフラッシュライトの演出の中、MVPの小林は感極まった表情で挨拶した。

「けがが多かった僕と一緒に泣いてくれて、乗り越えてくれた妻に感謝の気持ちを伝えたい」

真っ先に口にしたのは栄養士の資格を持ち、手料理でもり立ててくれた夫人・直子さん(30)への感謝だった。

J1全試合出場は初めて。「試合に出られれば、得点王を取る自信はあった」。得点王とのダブル受賞は2012年に広島で獲得した佐藤寿人(名古屋)以来6人目。家族の支えが小林を男にした。

川崎入りが決まっていた拓大4年時に右膝前十字靱帯(じんたい)を断裂。プロ入り後も半月板損傷で右膝を手術した。肉離れなどの故障も多く、離脱を繰り返し「ストレスですかね」と顔に発疹ができたこともあった。リーグ初V、得点王、MVPの“3冠”に「家に帰って奥さんの顔を見て涙が出たこともあった」と振り返った。

直子さんは長男・結翔(ゆいと)くん(3)、次男・真翔(まなと)くん(1)を連れてサプライズで登場。小林に花束を渡した結翔くんがステージ上で駆け出すハプニングもあった。FW大久保がFC東京へ移籍し、今季からPKのキッカーを任された小林。実は試合前に結翔くんに聞いて、蹴る方向を決めていた。優勝を決めた最終節でのPKも「真ん中」という小さな“指揮官”の指示通りに蹴ったものだ。

「この賞に恥じぬよう、向上心をもってサッカーに取り組みたい」

新王者として迎える来季はJ1連覇、そしてアジア王者へと、夢はさらに広がる。 (清水公和)

小林 悠(こばやし・ゆう)

1987(昭和62)年9月23日生まれ、30歳。東京・町田市出身。神奈川・麻布大付渕野辺(現麻布大付)高2、3年時に全国高校選手権出場。拓大在学時の2008年に特別指定選手としてJ2の水戸でプレー。卒業後の10年に川崎に入団し、同年9月の横浜M戦でJ1初出場。14年10月のジャマイカ戦でA代表デビュー。J1今季34試合23得点、同通算201試合78得点。1メートル77、72キロ。

No image

最優秀選手賞の川崎・小林悠=横浜アリーナ (撮影・中井誠)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浦和槙野「1つレベル高い場所でやれた」17年総括
驚愕のブレ球ミドル弾!! 2得点のマウリシオ「自分の価値を示したかった」
浦和がマウリシオと柏木のゴールで2-1リード! クラブW杯“5決”は後半勝負へ
浦和、マウリシオ2発などでアフリカ王者を撃破! クラブW杯5位に輝く
浦和堀監督悔しい5位「本当は第1戦でいい結果を」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加