運転免許証に関する手数料を改定 警察庁、4月1日付け

運転免許証に関する手数料を改定 警察庁、4月1日付け

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/14
No image

警察庁

警察庁は、人件費や物価の変動に対応して運転免許証に関する手数料を4月1日付けで改定する。

大型・中型・準中型自動車免許試験料は現行4400円を4100円に引き下げる。普通自動運転免許の試験は2200円から2550円に引き上げる。仮運転免許試験は150円値上げして2900円とする。

検査手数料は大型・中型・準中型自動車の仮運転免許取得者の検査は4050円から3900円に引き下げる。普通自動車仮運転免許取得者の検査料は3850円から3750円に引き下げる。

認知機能検査手数料は650円から750円に引き上げる。国外運転免許証交付手数料は50円引き下げて2350円とする。

このほか、講習手数料なども改定する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パナソニック、巨額投資に回収不安か
ソフトバンク新卒採用、1位の特技ある人のみ応募可...就活売り手市場への大誤解
「国民皆保険」崩壊で老後に起きる事態
ビットコインを「詐欺」呼ばわりのダイモンCEOが発言を後悔
この10年、日本の大企業で「品質問題」が続発する理由がわかった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加