斎藤工、ドラマ『昼顔』撮影当時に「番組宛てに生々しい投稿がたくさんきた」

斎藤工、ドラマ『昼顔』撮影当時に「番組宛てに生々しい投稿がたくさんきた」

  • RBB TODAY
  • 更新日:2016/12/01
No image

斎藤工が1日、桧家ホールディングスの冷暖システム『Z空調(ゼックウチョウ)』新TVCM発表会に登場。CMに登場する謎のマスクマン姿を披露した。

新CMでは、オレンジ色の“Zマスク”を装着することで変身する謎の男「ゼックウチョウ」を斎藤が演じる。外見はラテンの香り漂う少し怪しいオーラを放つものの、内面は大のダジャレ好きで、やや妄想癖のあるところが多くの女性を虜にしているという設定の「ゼックウチョウ」。この人物設定は斎藤自身も一緒に考え、映画「マスク・オブ・ゾロ」のゾロのような、夜にひっそりと登場するヒーローをイメージしたという。髪型も空調を意識し、片側から風を受けてなびいているようなスタイリングだ。

CMでは、暗めの照明の中、革張りのソファに座る「ゼックウチョウ」だが、斎藤自身の部屋は「余計なものがない、味気ない日々を送っています」と明かす。

ダジャレ好きな「ゼックウチョウ」だが、斎藤自身もオヤジギャグやダジャレは「守らなきゃいけない文化」と重要視。「昔はオヤジギャグって斜めに見ていたところがあるんですけど、やっぱり続くと歴史になると思う。僕の世代がそれを引き継いでいかなければ」と、最近になって気になってきたようだ。「椅子があると『いいっすね』と言ったり、昔働かなかったセンサーが働くようになって、これが老いか……と」と、斎藤。

お笑いも今までとは違い一発芸など好きになってきたと語り、最近面白いと思う芸人にバブルネタで活躍する平野ノラを挙げた。

そして報道陣が、斎藤と上戸彩の共演で2014年にブームとなった不倫ドラマ『昼顔』から、今年多発した不倫騒動について触れる。斎藤は、「ドラマの時に実際の投稿が番組宛てにけっこうあって。そこにとても生々しい実情がすでにあり、それが表面化されてないだけなんだなと思った」と裏側を語った。「この間まで映画版を撮っていましたが、この2年間でだいぶ世間で不貞の意識が変化していると思います。それなりの制裁は僕自身も役柄として受けるべきだなとは思っていました」と演じた不倫経験者の胸中を明かした。実生活で不倫は?の質問に「ない、つもりです」と返す。

今年1年を振り返り「絶好調(Z好調)」とCMにかけ答えると、「まだ配給も決まっていないが、念願だった長編映画も撮れ、気付いたらKinKi KidsさんのCDジャケットも僕が撮っていたり、出演だけじゃなくて作る側のクリエイティブな方も元々やりたくてこの世界に入ったので、そういう意味では叶った夢がたくさんある1年でした」と、まさに絶好調な様子。

今年1年を漢字1文字で表すと何か尋ねられると、ものを手作りで作る人間になって欲しい、と祖母がつけてくれた自分の名前の「工」を挙げた。

今年のクリスマスの予定は撮影。恋愛は絶好調か問われると「絶好調じゃないですね。(新しい恋も)今のところないです」と答えた。

新TVCMは12月9日よりオンエア。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
りゅうちぇる、東大卒年収に「そんなもんなんだ」
成宮寛貴の薬物報道前日に...ナイナイ岡村「この人出したらアカン」発言が波紋
坂上忍も絶句!ASKAの次に注目される薬物疑惑タレントは芸人と元アナ!?
下着姿の白石麻衣、乃木坂史上最高セクシーショット
藤田ニコル、無断撮影された後の“神対応”が「有能政治家みたい」と大絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加