史上最速のMINI「JCW GP」、過激すぎる市販デザインが完全露出!

史上最速のMINI「JCW GP」、過激すぎる市販デザインが完全露出!

  • レスポンス
  • 更新日:2019/04/16
No image

MINI JCW GP 市販型 スクープ写真

もっと画像を見る
MINIラインアップの頂点に設定されるハードコアモデル、『JCW GP』(John Cooper Works GP)市販型プロトタイプが、ニュルの過酷コース「ノルトシュライフェ」で高速テストを開始した。

今年2月には、輸送中の開発車輌をキャッチしたが、今回はリアクォーターウィンドウ以外、市販型デザインが完全露出している。

ローダウンされたボディには、メッシュのラジエーターグリル、エアロダイナミクス性能を向上させるリップスポイラー、大型コーナーエアインテークを装備。サイドにはかなり攻めたデザインのエアアウトレット付きオーバーフェンダー、フロント大型ブレーキ、赤いキャリパー、そして20インチと思われる大径ホイールやサイドスカートが見てとれる。

またリアエンドには「GP」の文字が刻印された大型スプリット・ルーフスポイラー、ツインエキゾーストパイプなど市販型モデルとしては過激すぎるデザインが完全露出している。

心臓部には、BMW『X2 M35i』から流用される2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力はベースとなる「JCW」の231psから70ps以上アップする302psが予想される。

ワールドプレミアの場は9月のフランクフルトモーターショーが有力で、発売は2019年末。限定3000台と発表されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2018年の非IC系半導体企業ランキング - トップはソニー、2位にシャープ
レンジローバー ヴェラール に頂点、550馬力スーパーチャージャー搭載...ニューヨークモーターショー2019
いよいよ、マイストローの時代に!?「アースデイ」に考える地球環境のためにできること
終身雇用はルールに非ず...財界トップ、変革求める
GIGABYTE、AMD設立50周年を記念したX470マザーボード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加