最新ランキングをチェックしよう
芭蕉が「昔より、賢き人の富めるは稀なり」と詠んだ紅花商人 鈴木清風(上)

芭蕉が「昔より、賢き人の富めるは稀なり」と詠んだ紅花商人 鈴木清風(上)

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/08/18

芭蕉をもてなす鈴木清風(「芭蕉と清風」おくのほそ道・尾花沢、発行・編集 芭蕉・清風歴史資料館より)

 紅花は山形県の県花であり、特産品として知られています。花は古くから口紅の材料や染料、生薬に用いられ、種子は絞って食用油に加工されています。 江戸時代、山形県尾花沢の豪商・鈴木清風は、この紅花の取引で巨万の富を築き上げ、のちには金融業も手を広げていきます。江戸・吉原での豪遊も伝説となり、今に語り継

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
交渉上手な中国に騙されたと後悔するインドネシアー高速鉄道の完成は大統領選に間に合わない
料理が台無し!?北斗晶に「言葉遣いも食べ方も酷い!」と批判の声
この発想はなかった...冷凍うどんの斬新すぎる食べ方に10万超いいね!
「日本は誰にとっても“2番目に贔屓”のチーム」米メディアがW杯出場32か国・最終格付けで特大の賛辞!
千鳥の大漫才2018、全国4カ所の大会場で!「今年こそは漫才を」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加