最新ランキングをチェックしよう
芭蕉が「昔より、賢き人の富めるは稀なり」と詠んだ紅花商人 鈴木清風(上)

芭蕉が「昔より、賢き人の富めるは稀なり」と詠んだ紅花商人 鈴木清風(上)

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/08/18

芭蕉をもてなす鈴木清風(「芭蕉と清風」おくのほそ道・尾花沢、発行・編集 芭蕉・清風歴史資料館より)

 紅花は山形県の県花であり、特産品として知られています。花は古くから口紅の材料や染料、生薬に用いられ、種子は絞って食用油に加工されています。 江戸時代、山形県尾花沢の豪商・鈴木清風は、この紅花の取引で巨万の富を築き上げ、のちには金融業も手を広げていきます。江戸・吉原での豪遊も伝説となり、今に語り継

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
約束の時間を守る人と守らない人 対照的なケースをすっきりと比べた漫画が話題に
ただの恥ずかしがりやではない。本当に内向的な人の14の特徴
【ビデオ】走れても止まれない!! 雪道のノーマルタイヤの危険性をJAFが公開中!!
凍える都心「大雪」への対応、ブラック企業の場合は?
【実話】父の「トイレクイックル」の使い方が大間違いだった話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加