浅田真央さん やんちゃすぎて「来なくていい」と叱られた過去

浅田真央さん やんちゃすぎて「来なくていい」と叱られた過去

  • しらべぇ
  • 更新日:2017/10/13
No image

(浅田真央さん)

12日、都内でロッテ『キシリトールガム』20周年プロジェクト新ボトル発表会が行なわれ、フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さんが登場。12月に、フルマラソンに挑戦することを明かした。

■自身がデザインしたパッケージを披露

No image

(浅田真央さん)

ピンクの衣装で登壇した真央さんは、自身のデザインしたパッケージボトルを披露。デザインについては、この日の衣装と同じく、好きな色であるピンクを基調として仕上げたそう。

「明るい色だったり、ハートとか星とかそういうデザインや色が大好きなので、私が好きなデザインに仕上がってすごく嬉しいです!」とコメント。

また、「私の未来もキラキラ輝くようにとのイメージも込めました」と説明し、その仕上がりに満足そう。

■リンクの外ではやんちゃだった?

小さい頃からスケートでの活躍はよく知られているが、リンクの外ではどのような子供だったのかを聞かれ、「妹なので、いつもお姉ちゃんの後ろにずっとついて、一緒に習い事をする子でした」と話す。

また、「元気いっぱいの女の子だったので、塾に行ってもお姉ちゃん(浅田舞)にいつもちょっかいばかり出していた」と語り、そのために「塾の先生から『妹さんはお姉ちゃんの邪魔ばかりするので、来なくていいです』と言われてしまったこともあります」と、やんちゃだったエピソードで会場を沸かせた。

■次の挑戦はフルマラソン

子供の頃からフィギュアスケートだけでなく、クラシックバレエやジャズダンスと、さまざまなチャレンジをしてきた真央さん。

この日、今年12月10日に行なわれる「JALホノルルマラソン」で、フルマラソンに初挑戦することを明らかにした。

No image

(「走る感じで」とカメラマンからリクエストされる浅田真央さん)

「もともと走ることが好きで、現役時代も走っていましたが、長距離は次の日のスケートの練習ができなくなるので、やらなかったんです。引退したら、一回は走りたいと思っていました」と、胸に秘めていた目標にチャレンジできることに目を輝せる。

「42.195kmとすごく長いので、ガムでも噛みながらリラックスして走りたい」と商品に絡めたコメントをし、報道陣の笑いを誘う場面も。

今回、真央さんがパッケージデザインに参加した『キシリトールガム Xアソートボトル』は、17日から全国で発売する。

・合わせて読みたい→浅田真央が公式インスタグラムを開設 「ありがとう!」とファン歓喜

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
人身事故を起こした土田晃之に猛バッシング 対応次第では干される可能性も
元SMAP・香取慎吾のイベントに、ついに飯島三智マネジャーが現れた!「異常な拒絶反応でキレまくり......」
成宮寛貴、インスタで「丸刈りマッチョ姿」披露!! 山本裕典、江角マキコら引退芸能人は今
  • このエントリーをはてなブックマークに追加