ヤングなでしこ、決勝進出ならず...延長戦の末にフランスに2失点で惜敗

ヤングなでしこ、決勝進出ならず...延長戦の末にフランスに2失点で惜敗

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/11/30
No image

ヤングなでしこはFIFA U-20女子ワールドカップでフランスと対戦した [写真]=Getty Images

FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア 2016準決勝が29日に行われ、U-20日本女子代表とU-20フランス女子代表が対戦した。

自国開催だった2012年以来3大会ぶりの出場で初優勝を狙う“ヤングなでしこ”。高倉麻子監督のもと2勝1敗でグループAを首位通過すると、準々決勝ではU-20ブラジル女子代表を3-1で撃破した。準決勝ではU-20ドイツ女子代表との欧州対決を制したフランスと対戦する。ヤングなでしこのスタメンには、背番号10のFW籾木結花らを起用。キャプテンマークはDF乗松瑠華が着用した。

No image

フランス戦に臨んだヤングなでしこ [写真]=Getty Images

試合は開始9分、左サイドでボールを受けたフランスのメール・ガルビーノが、ドリブルから左足でミドルシュート。しかしボールはクロスバーに外れた。

続く24分、フランスはエリア付近を強引に突破し、最後はデルフィン・カスカリーノが右足を振りぬく。しかしDF市瀬菜々が体を張ってシュートをブロック。得点を与えない。

ここまで効果的な攻撃を見せられない日本は26分、アクシデントが発生する。宮川麻都が手を負傷し、守屋都弥との交代を余儀なくされた。

No image

負傷交代に顔を覆った宮川 [写真]=Getty Images

それでも42分、エリア内でボールをキープした長谷川唯が、DFを背負いながら反転して右足でシュート。しかしボールはポスト左へ外れた。スコアレスで前半を終える。

後半に入って56分、日本を再びアクシデントが襲う。ハワ・シソコからタックルを受けた上野真実がピッチ上で倒れると、プレー続行不可能と判断。西田明華が代わりに投入された。日本は負傷によって2枚もの交代カードをきることとなった。

その後は一進一退の攻防。両チームともに決定機を作れない時間が続く。

それでもフランス選手の足が止まり始めた84分、日本はピッチ中央でFKを獲得する。ここでキッカーを務めた籾木のシュートは枠をとらえるが、ボールは直接GKマイリーン・チャバスにキャッチされた。結局後半アディショナルタイム5分を含めても得点は生まれず、試合は延長へ突入した。

迎えた99分、ついに均衡が破れる。フランスは右サイドを駆け上がったマリオン・ロマネッリがカスカリーノからパスを受けると、すぐさまクロスを供給。これにカーラ・マテオが頭で叩き付け、ネットを揺らした。

No image

ヤングなでしこがヘディングシュートを叩き込まれたシーン [写真]=Getty Images

さらに直後の101分、フランスは左サイドを突破しエリア内へ進入。日本のDF陣がボールに寄せるが、エリア右でフリーとなったジュリアン・ギャスラの前にこぼれると、右足でゴール左上へ蹴りこんだ。日本は2点ビハインドとなった。

延長後半に入って108分、日本はエリア内で籾木が倒されPKを獲得。このチャンスを籾木自らしっかりと決め、1点差に詰めよる。

日本はその後、前線に河野朱里を投入しさらに攻勢を強める。116分にはCKのセカンドボールを拾った守屋が左足でゴールを狙うが、シュートは枠をとらえることができなかった。

結局このままタイムアップ。延長戦で2点を失った日本が、PKで1点差とするも1-2で敗れた。この結果、フランスが来月3日に行われる決勝に駒を進めた。敗れたヤングなでしこは同日開催の3位決定戦にまわる。

【スコア】
U-20日本女子代表 1-2 U-20フランス女子代表

【得点者】
0-1 99分 カーラ・マテオ(フランス)
0-2 101分 ジュリアン・ギャスラ(フランス)
1-2 109分 籾木結花(PK)(日本)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
事故で友人を失ったジーコ氏、シャペコエンセの慈善試合開催へ...“決勝戦”実施も
エトーが酒井宏樹のチームメートに?「オファーがあればノーとは言えない」
バルサ 楽天入りデザイン承認
ラツィオ戦先制弾のローマMF、声援を呼びかけ「空席を見るのはつらい」
“ミラクル・レスター”はプレミア史上最悪の優勝チーム!? 14試合で獲得した勝ち点はわずか...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加