最新ランキングをチェックしよう
消費者契約法改正の動きについて

消費者契約法改正の動きについて

  • 政治山
  • 更新日:2018/03/12

はじめに
政府は2日、民法改正による成人年齢引き下げを踏まえ「デート商法」などの契約を取り消すことができるようになる消費者契約法の改正案を閣議決定しました。10代の成人を悪質商法から保護することを主な目的としています。今回は消費者契約法改正のポイントについて見ていきます。

法改正の経緯
2022年施行が予定されている改正民法では現在の20歳から18歳に成人年齢が引き下げられることになっております

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
予算不足?『SUITS/スーツ』あまりに「安っぽい」と大不評
「温泉に入っただけ」で男性が4年間も意識不明に その原因に「背筋が凍る」
木村拓哉『元SMAP』使用禁止令で決定したダークに生きる道
【注意】かつやの「タレカツ丼」が地味に頭おかしい件 / カツが3枚でも5枚でも590円だというので、5枚にしたら死にかけたでござる
過激すぎ「即削除!」宇垣美里アナ“谷間動画”がインスタに流出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加