最新ランキングをチェックしよう
消費者契約法改正の動きについて

消費者契約法改正の動きについて

  • 政治山
  • 更新日:2018/03/12

はじめに
政府は2日、民法改正による成人年齢引き下げを踏まえ「デート商法」などの契約を取り消すことができるようになる消費者契約法の改正案を閣議決定しました。10代の成人を悪質商法から保護することを主な目的としています。今回は消費者契約法改正のポイントについて見ていきます。

法改正の経緯
2022年施行が予定されている改正民法では現在の20歳から18歳に成人年齢が引き下げられることになっております

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
Chromeブラウザが隠し持つ、最強の「迷惑ソフト」発見ツール
辻希美、「親の都合で休ませ過ぎ」子どもの休校に大喜びも批判殺到
新宿駅で女性狙い「タックル」する男の動画拡散 「私も同じことされた」と証言も
浜崎あゆみ 黒水着写真に反響「可愛すぎる」「綺麗」...いいね3万件超え
関学QB父「嘆願書」フォーマットを公開 日大選手の減刑求める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加