Jリーグとキヤノン、好きな視点で試合を見られる「自由視点映像生成システム」実証実験

Jリーグとキヤノン、好きな視点で試合を見られる「自由視点映像生成システム」実証実験

  • MdN
  • 更新日:2016/10/19
No image

地中から見ているような独特な視点

公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と株式会社キヤノンは、ルヴァンカップ決勝スペシャルサイトにおいて、「自由視点映像」をリリースした。

「自由視点映像」とは、開発中・実証実験中の映像ソリューション「自由視点映像生成システム」を使って作られたもの。スタジアムの全周に設置した映像制作機器で試合を撮影することで、1つのシーンを視点を切り替えながら見られる「自由視点映像」が楽しめる。

No image

多数のカメラを設置

サンプル映像は「JリーグYBCルヴァンカップ決勝戦」のシーンを編集したものを公開。「シュートシーン」はキッカーに寄りの映像からキーパーのアップへと遷移し、「アタッキングサードのパスからシュート」の流れは、ピッチレベルから俯瞰、さらにキーパーのアップへと移り変わり臨場感が味わえる。

また、「PKでのゴールシーン」では地面の中からカメラ視点がせり上がるという演出もされ、本システムならではの視点で楽しめる。

No image

選手に近い感覚で見られる

将来的には、特定の選手やシーンをさまざまな視点や好みの角度から見ることができ、ユーザーにとって新たな視聴体験が可能になるとしている。

特設サイト

URL:http://labo.jleague.jp/leaguecup/2016/

2016/10/18

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Bluetoothスピーカーでヤバい音声が流れる悲劇を回避する方法
AmazonサイバーマンデーセールにAnkerが登場!バッテリーやスピーカー、伝説のポータブル電源まで3日間日替わりでセールを開始!
ASUS、ZenBook誕生5周年記念の13.3型ノートを100台限定販売 - 税別約6万円
女の子にマッサージも アダルトゲーム「VRカノジョ」が最新VRコントローラー対応で、“手”で触れるプレイが可能に
部屋にごちゃつくケーブルは隠してスッキリ&安全に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加