ジャマイカ 危なっかしいバトンリレーも、ボルト有終金へ、決勝進出

ジャマイカ 危なっかしいバトンリレーも、ボルト有終金へ、決勝進出

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

男子400メートルリレー予選 3走からバトンを受けスタートするジャマイカのボルト(手前左)=ロンドン(共同)

「陸上・世界選手権」(12日、ロンドン競技場)

男子400メートルリレー予選が行われ、この種目が現役ラストランとなるウサイン・ボルト(30)擁するジャマイカは37秒95で2組1位となり、同日夜(日本時間13日早朝)に行われる決勝への進出を決めた。

最高のフィナーレに向けて、ボルトが最後の舞台に駒を進めた。ジャマイカ特有の危なっかしいバトンリレーが、なんとかアンカーのボルトに渡ると、大歓声を浴びながら、大きなストライドでしっかり先頭に躍り出た。最後は追いすがるフランスを横目で見やり、余裕のフィニッシュ。

100メートルではまさかの3位に終わったが、「状態は何もいうことはない。歓声が力を与えてくれる。いくつかの合宿でリレーの練習もしてきた。ミスはあったが、ブレークも決勝には出るので、さらに良くなる」。有終金メダルに自信をみなぎらせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
まさかの全員一致?! 芸能人たちの“大嫌いなリポーター”が明らかに!
木下優樹菜、梨花...スタイル抜群な水着姿を披露したママタレント5人
窓ガラスにたくさん何かが...... 田舎のコンビニの恐怖を体験できる写真に騒然
日本の店が出した「入店お断り」の貼り紙、中国ネットが反応
男性が「エッチの相性が悪いかも...」と思う瞬間4つ 意外に合わないと思われてるかも!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加