高橋真麻、ウェディングドレスで『シンデレラ・ハネムーン』を熱唱

高橋真麻、ウェディングドレスで『シンデレラ・ハネムーン』を熱唱

  • RBB TODAY
  • 更新日:2017/09/17
No image

高橋真麻、ウェディングドレスで『シンデレラ・ハネムーン』を熱唱

もっと画像を見る
タレントの高橋真麻が16日、千葉・幕張メッセで開催された日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER」にて、結婚相談所「楽天オーネット」の特別ステージにウエディングドレス姿で出演した。

純白のウエディングドレスを身に着けてランウェイに登場した高橋は、ランウェイ先端のステージに辿り着くと、岩崎宏美のヒット曲『シンデレラ・ハネムーン』を熱唱して会場を盛り上げた。歌唱を終えると、「みなさん、お若いから、大丈夫? 分かったかしら、この歌?」などとコメント。「色々と噂が出ていますが、もう9月です。年内の結婚は?」と突っ込まれると、高橋は「年内はちょっと、どうでしょうね」と苦笑い。「2020年の東京オリンピックまでには結婚したいと思います」と願望を明かした。MCを務めた広瀬アリスも「2020年といわず、その前でもぜひ、結婚して頂きたいです。本当に幸せになってほしいです。今日、“初めまして”ですけど」とエール。高橋は「ありがとう。優しいね」と笑顔を弾けさせた。

高橋は、ステージ出演後、囲み取材を行った。憧れだったというウエディングドレスを着ることができた嬉しさを言葉にするも、「夢をひとつ叶えちゃっていいのかな、なんて。本番にとっておくべきだったのかなと思います」と複雑な心境を吐露。交際中の彼との結婚については、「今日、2020年までには結婚したいという話をしましたので、それに向けてがんばりたいなと思っています」とコメント。「私、直接は(彼に結婚については)言っていないのですけど、メディアを通してかなりプレッシャーがかかっていると思うので」と報道陣を笑わせつつ、「焦らず。一生のことですので」と心境を明かした。

父親で俳優の高橋英樹が、不要なものを減らして生活を見つめ直す「断捨離」を33トン分行ったことが話題にあがると、高橋は「そうなのですよ。スッキリして。逆に、『あれがない、これがない』と言って」と英樹の様子を語った。「断捨離」は高橋が勧めたそうで、「一人娘で、万が一、何かあったとき、家のものを処分するときに33トン分、1人では処分できないので、『生前に処理をお願いします』とお願いしました」と経緯を紹介。家が広くなったこともあり、「結婚したら同居は?」と尋ねられると、「彼がいいなら。2世帯住宅もいいかなと思います。将来的にもし子どもが生まれたりしたら、やはり働きながらというのは難しいから。やはり、みなさん、親御さんにお手伝いをお願いしたりとかありますので。そういう意味では2世帯の方が楽なのかなという憧れもあったりします」と胸中を語った。

GirlsAwardは、2010年に第1回「GirlsAward 2010 SPRING/SUMMER」を行って以来、年2回「渋谷からアジアへ。そして世界へ。」をスローガンに、代々木第一体育館を拠点として開催。16回目となる今回は、ランウェイトップバッターを広瀬アリス&すず姉妹が務め、豪華ゲストモデルには紗栄子、中島美嘉などが出演。滝沢カレン、ダレノガレ明美、中村アン、藤田ニコルら約150名がランウェイを舞った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
たわわ美バストに釘付け!益田恵梨菜のギャップにうっとり
松本人志、とんねるずとの再共演は「食わず嫌いに来いって言われたら...」
安室引退にタレント思い綴る イモトの評価が高く木下優樹菜に厳しい反応
武井咲、連ドラ降板か...妊娠で撮影困難
指原莉乃・峯岸みなみ・柏木由紀、じゃんけん大会でのセクシーな衣装に絶賛の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加