「クラブだけでなくホテルの従業員も...」 不安障害に襲われた柴崎の現状をテネリフェ幹部が説明

「クラブだけでなくホテルの従業員も...」 不安障害に襲われた柴崎の現状をテネリフェ幹部が説明

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/02/17
No image

「最初は重要視してなかった」 想定外の展開を告白

スペイン2部テネリフェに移籍後、心身両面の不調でトレーニングに参加できていないMF柴崎岳は、現地での注目をサッカー以外の部分で集める苦境を迎えている。ゼネラル・ディレクターのビクトル・ペレス・ボレゴ氏が練習にも参加できない司令塔の現状を説明している。スペイン紙「デポルプレス」のインタビューで語ったもの。

インタビューは、1部昇格に向けた戦いに臨んでいるチームに関する各方面の話題に及んだが、同紙は柴崎について問うと、ボレゴ氏は「彼はチームを去ることは求めていないよ」と加入直後に出た退団報道を否定する一方、これまでの状況を忌憚なく答えている。

「ガクは良くなりつつある。ただ環境適応には苦しんでいる。彼は疲れからか(加入直後に)嘔吐した。最初の2、3日で胃腸炎の症状と見ていて、最初は重要視していなかった。ただ短期間で大きな変化があった場合、適応するのに困難なことが起こりえるということだ。ガクは東アジアの国から西洋に来ることになった。食事、文化、1日のスケジュール、環境……その変化が不安障害を引き起こしたと専門家は話していた」

チーム側は当初は短期間での回復を見込んでいた。だが、胃の内容物を吐いてしまった司令塔は単なる胃腸炎ではなかった。心身ともにダメージを受けていたことが判明したが、柴崎本人はテネリフェでの適応を果たしたいと意欲を持っているようだ。

「今はチーム内で動ける選手ではない」

「彼は退団しようという意思はないし、テネリフェに来たことが幸せだと話している。またクラブだけでなく、ホテルの従業員も励ましてくれている。彼は感謝しているし、テネリフェでの生活を継続したいと思っているが、今はチーム内で動ける選手ではない。できる限りこの状況を克服して、普通にチームの一員として活動できるようにこちらもサポートしたい」

当初は今週末のデビューが想定されていた柴崎だが、公式戦デビューは大幅にずれ込むことになる。それでも辛抱強くカナリア諸島での生活に慣れ、ピッチで躍動する姿を見せられるよう、クラブも二人三脚で柴崎のサポートを進めようとしている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ポグバも驚き イブラの冗談
今季5点目の大迫、快勝に貢献の原口に上々の評価...独メディア採点
地元紙絶賛! 久保が“美技”発動で移籍後3ゴール目(8枚)
“パイ食い”で巨漢GK退団のサットン 控え不在のなか守護神が前半で退場する緊急事態が発生
ウラーラの占い 2月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加