最新ランキングをチェックしよう
カウパー腺液を発表した学者が「先走った」不覚

カウパー腺液を発表した学者が「先走った」不覚

  • まいじつ
  • 更新日:2017/11/12

ウィリアム・カウパー氏
カウパー(氏)腺液で知られるウィリアム・カウパー氏(William Cowper)は、17世紀のイギリスで活躍した外科医・解剖学者である。ちなみに日本では“カウパー”として認知されているが、正しい発音は“クーパー”だ。
カウパー腺液は粘り気があるので、ローションの役割を果たしていると思っている人も多いと思うが、その最大の特質はアルカリ性であること。
女性の膣内は酸性で、精子

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
医者もやってるインフル対策が水を飲むだけで「簡単すぎ」と話題
顔は天使なのに属性が「闇」過ぎるロシアの美少女サラちゃん
ニトリのティッシュケースが画期的!「例の悩み」が解決されるぞ
【実話】父の「トイレクイックル」の使い方が大間違いだった話
障がい者女性が「風俗」で働くことを選んだ意外な理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加