カウパー腺液を発表した学者が「先走った」不覚

カウパー腺液を発表した学者が「先走った」不覚

  • まいじつ
  • 更新日:2017/11/12
No image

ウィリアム・カウパー氏

カウパー(氏)腺液で知られるウィリアム・カウパー氏(William Cowper)は、17世紀のイギリスで活躍した外科医・解剖学者である。ちなみに日本では“カウパー”として認知されているが、正しい発音は“クーパー”だ。

カウパー腺液は粘り気があるので、ローションの役割を果たしていると思っている人も多いと思うが、その最大の特質はアルカリ性であること。

女性の膣内は酸性で、精子はアルカリ性。つまりカウパー腺液は酸性の膣内をアルカリ性の液で中和し、精子が無事に子宮まで到達できるよう、膣内の環境を整えているのだ。

ちなみに、カウパー腺液には少量の精子が含まれているが、ごく少量のために妊娠することはほとんどないといわれている(精液1ccあたり2000万匹の精子が存在しないと妊娠させる能力がないとされる)。

だが、射精を我慢している段階で尿道の手前は精液で充満しており、長い時間、射精を我慢していると、この精子がカウパー腺液に滲み出てくる可能性があるので、射精を我慢するほど“妊娠リスク”が高まることを忘れてはならない。

さて、クーパーには知られざるある一面があった。クーパーは1698年に解剖学の書『人体の解剖』を発表する。ところがホヴァルト・ビドローという学者が13年も前に出した書物とそっくりで、多くの解剖図を流用し、著作者表記もなかったため、ビドローから批判を受けることになった。それどころか、カウパー腺自体もクーパー氏が発表する18年も前に発見されていた、という事実が発覚したのだ。

はたしてクーパーは盗作していたのだろうか? 過去の文献を調べることを怠り、思わず“先走ってしまった”だけ…だと思いたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
ダイソーに最強のホッチキス現る 中綴じが簡単すぎて快感すら覚える...
【心理テスト】この絵、何に見える? 答えでわかる恋人ができる時期
「どこに駐車したか忘れちゃった!」→20年後に発見...出てきた場所は?
暴力事件、理事長選、そしてファッション......貴乃花親方の深い闇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加