負傷者続出のミラン、不幸中の幸いも主力が長期離脱に

負傷者続出のミラン、不幸中の幸いも主力が長期離脱に

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2018/11/10
No image

ルーカス・ビリア 写真提供:Getty Images

負傷者が続出しているミランの現状をイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・』が9日に伝えている。元アルゼンチン代表MFルーカス・ビリアの長期離脱は避けられないようだ。

9日に行われたヨーロッパリーグ(EL)第4節レアル・ベティス戦でハカン・チャルハノール、フランク・ケシエ、マテオ・ムサッキオの3選手が相次いで負傷。マッティア・カルダラやダビデ・カラブリア、復帰は近いがゴンサロ・イグアインなど多くの負傷を抱えるミランにとっては悪夢のような1日だった。しかし、前述の3選手は大きな問題はなく、すぐに復帰できるようだ。

問題となっているのは、10月31日のトレーニングで下腿を負傷したビリア。その後の試合で欠場が続いていたが、検査の結果、手術が必要なことが判明したという。すでにフィンランドで手術を受けた同選手。ミランは声明を出し、復帰には4ヵ月ほどかかることを明らかにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「元ブンデスリーガのスターがゴール」 独メディアが元ハノーファー酒井の活躍を速報
中島翔哉、好アシストで練習成果発揮も追加点に悔い
【ルール】デフサッカー
手応えも反省もストレートな堂安律「1試合1点、絶対に取る」
なぜ?代表チームから過小評価されている名選手たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加