JAXA、気候変動観測衛星「しきさい」が初めて撮影した画像を公開

JAXA、気候変動観測衛星「しきさい」が初めて撮影した画像を公開

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/01/12
No image

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1月12日、2017年12月23日に打ち上げた気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)に搭載した「多波長光学放射計(SGLI)」により取得した初めての画像を公開した。

同画像は、衛星が所定の機能・性能を有しているかどうかを確認するために行う初期機能確認運用を実施していた1月1日から6日にかけて取得されたもの。「しきさい」は、近紫外から熱赤外までの19の観測波長帯(色)を持ち、偏光・多方向、近紫外観測といった特徴的な機能を有しており、1000km以上の観測幅で地球全体を250mの分解能で約2日間で観測することができる。

今回公開された画像は、初期機能確認の中で取得されたデータの中から、観測センサの特徴を表すものとして、日本近辺の海氷、沿岸域の海色、植生およびガンジス川流域でのエアロゾルの様子などをそれぞれ見やすい色合いになるように処理したものとなる。

なお、初期機能確認運用は打上げから約3か月ほど行われる予定で、JAXAでは、それを終えた後、地上観測データとの比較などによるデータの精度確認やデータ補正などを行う初期校正検証運用を開始する予定だとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界初! 三井住友カードが「ロック機能の付いたクレジットカード」を年内に展開 / LEDランプ + 液晶 + タッチボタン搭載で高いセキュリティー性能
Google、スマホの画面をスピーカーに
古いパソコンをスピードアップさせる方法
元戦闘機乗りが大解明! ペンタゴンが公開したUFO動画の謎
米グーグルのハッカー集団を震撼させた「インテル事件」の深刻度
  • このエントリーをはてなブックマークに追加