カブスは監督が秘密兵器!?地元紙、二刀流を「実現させようとするだろう」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/12/07

【ロサンゼルス5日(日本時間6日)】ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指す日本ハム・大谷翔平投手(23)が、ロサンゼルス市内でマリナーズ、レンジャーズ、カブスの3球団と交渉したと複数の米メディアが報じた。

カブスの地元紙、シカゴ・サン・タイムズ(電子版)は「ジョー・マドン監督が、懸賞の秘密兵器か」と見出しをつけた。メジャーきっての知将、マドン監督の采配について「どの監督よりも、これ(二刀流)を実現させようとするだろう」と解説。「マイナーの監督時代に試してみたかった」と指揮官が長きにわたって“二刀流構想”を抱いていることを報じた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
またしても毒舌炎上 張本勲氏とイチローの「本当の関係」
ダルほしい!ツインズ監督がラブコール「最高の補強。交渉の進展待っている」
ダルビッシュ、イチロー、上原...日本人メジャー選手の動向は?
【MLB】イチローFAのマ軍、外野“総解体”も イエリッチにパ軍など10球団強が興味か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加