田中圭、主演映画『mellow』の子役に褒められ感激!「見てくれてたんだね!ありがとう!」

田中圭、主演映画『mellow』の子役に褒められ感激!「見てくれてたんだね!ありがとう!」

  • M-ON! MUSIC
  • 更新日:2020/01/18
No image

掲載:M-ON! MUSIC NEWS

■「この作品を観て、ラーメン食べに行って、誰かを想ってお花屋さんに行って、メロウな気持ちになってください!」(田中圭)

【動画】映画『mellow』予告映像

映画『mellow』の初日舞台挨拶が1月17日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の田中圭をはじめキャストの岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、ともさかりえ、そしてメガホンをとった今泉力哉監督が登壇した。
本作は、『パンとバスと2度目のハツコイ』『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と、2019年にドラマ『あなたの番です』での好演もあり、今最も勢いのある俳優・田中圭が初タッグを組んだ恋愛群像劇。街でいちばんオシャレな花屋と廃業寸前のラーメン屋を舞台に様々な恋愛模様が描かれ、田中が花屋の店主・夏目誠一、岡崎が父から受け継いだラーメン屋を営む木帆を演じた。

本作の脚本を初めて読んだときの印象を聞かれた田中は「着眼点がすごいなと思いました。大きな出来事は特に起きないんですけど、当たり前に日常あるようなことをていねいにていねいに紡いでいっているので。こんなに温かい物語を描くのはどんな方なんだろうなと思っていました」と今泉監督の最初の印象を語り、役作りついては「現場で監督や皆さんと一緒に一つひとつシーンを作っていって、そこで生まれる役のほうが結果良いんじゃないかと思うので、役作りはしないですね」とその場の空気感を大切にしていることを明かした。

田中の演じた夏目は「こんなにモテるキャラではなかった」と語っていたことについて今泉監督は「そうなんです。もう少し“好き“の矢印がばらついていたばずなんですけど、話を書いているうちに全部田中さんに矢印がいってしまって、でもただのモテる役だったら嫌な人になっていたと思うんですよね。でも田中さん自身がちゃんと考えて演じてくれていたからこそ、この雰囲気が出せたんだと思います」と絶賛。

続けて、夏目について聞かれた田中は「モテることを考えていたときに、ふと実はそこまでモテてないな、と気づいたんですよね。想いを告げて満足する人。これから恋愛をしていく練習台みたいな、優しさであったり、寄り添ってくれたことによって好きになる、恋まで発展しない手前の人みたいな」と夏目像についてコメント。

今泉監督との仕事について聞かれた岡崎は「日常感をすごく大切にされていて。いざ現場でやってみたらすごく難しかったけど、監督の出すとても優しい空気感の中で挑戦できて、自分の中ですごく刺激になり、新しい引き出しが増えました。ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えた。

そして、宏美役の役作りについて聞かれた志田は「バスケ部の役なんですけど、実は球技がとても苦手で、友達にマンツーマンで教えてもらっていたんですけど、リハーサルでも全然できなくて。でも本番では一発でできて自分でも驚いてしまって。平然を装うのが大変でした」と明かした。

また、自身が演じた陽子について聞かれた松木が「ひとつ後悔していることがあって、みんなでラーメンを食べているシーンがあるんですけど、監督から私にだけチャーシューを食べてくださいという指示がなくて食べられなかったのが後悔です(笑)」と明かすと、田中から「監督! 食べさせてあげてくださいよ!(笑)」とツッコミが入り、今泉監督が「すいません!覚えてないです(笑)。今度チャーシューを食べるためだけにご一緒したいです!」と宣言すると、会場は笑いに包まれた。

また、夏目の姪役を演じた白鳥の「圭さんが休憩中とかに花束を作る練習をしていて、すごいな。と思いました」と大人顔負けのコメントに田中は「見てくれてたんだね! ありがとう!」と感激。

役作りや意識したことについて聞かれたともさかは「あまり演じるうえで面白くしようとは思わず、真面目にやったつもりなんですけど、第三者からみたら当たり屋みたいじゃないですか、夏目さんに申し訳ないと思いました」と話すと会場から笑いが起こった。ともさかとの撮影について田中は「異様な空気の青木夫婦に、現場では夏目を演じていたので、ビビってたんですけど、完成した本編を観て、あのシーンからギアチェンジするくらい面白くなっていました」とコメント。

最後に今泉監督は「女性同士や結婚していたり、不登校だったり、普通は咎める部分を優しい雰囲気に包まれ、認めることを意識して作った映画です」と語り、田中は「誰かを想うだけで温かい気持ちになることを教えてくれるすごく素敵な優しい映画です! この作品を観て、ラーメン食べに行って、誰かを想ってお花屋さんに行って、メロウな気持ちになってください!」と挨拶し、イベントは幕を閉じた。

映画情報
『mellow』
2020年1月17日(金)新宿バルト9・イオンシネマ シアタス調布 ほか全国公開
出演:田中圭
岡崎紗絵 志田彩良 松木エレナ 白鳥玉季 SUMIRE 山下健二郎(友情出演)(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)ともさかりえ/小市慢太郎
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:並木瑠璃「花になる」
配給:関西テレビ放送 ポニーキャニオン
(C)2020「mellow」製作委員会

映画『mellow』作品サイト
mellow-movie.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ビリー・アイリッシュが歌う主題歌がフィーチャーされた、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』本編映像公開
レネー・ゼルウィガー、アカデミー賞授賞式直後に来日!歌唱本編映像公開
2月16日の注目映画第1位は『1917 命をかけた伝令』
2月15日の注目映画第1位は『1917 命をかけた伝令』
胡散臭いジャッキー・チェンと胡散臭いシュワちゃんが共演する映画「アイアン・マスク」予告編映像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加