JFL “昇格請負人”率いるテゲバジャーロ宮崎など2チームの昇格承認

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/06

日本フットボールリーグ(JFL)は6日に開いた第2回理事会で、東北社会人リーグ1部のコバルトーレ女川と九州リーグのテゲバジャーロ宮崎の入会を承認した。

「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017」で女川は優勝、宮崎は2位に入り、承認資格を得ていた。両チームの入会承認により、今季JFLで15位だったブリオベッカ浦安、16位だった栃木ウーヴァの2チームが関東リーグへ降格する。

宮崎は、昨季までJ2山形で指揮を執っていた石崎信弘監督(59)が今季から就任。山形のほか大分、川崎F、清水、東京V、柏、札幌でも監督を務め、Jリーグ最多の608試合で指揮を執っている”昇格請負人”のもと、昨季までJ1磐田でプレーしていた”デカモリシ”ことFW森島康仁(30)やMF高地系治(37)らを補強していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京国際大DF楠本卓海、山口加入内定「身体を張って戦います」
今季23戦出場の山形DF瀬川和樹、山口へ完全移籍「全ての力を注ぎます」
【Jリーグ最新移籍動向】J1残留・札幌の最終ラインを支えたベテランふたりが完全移籍!
東京国際大の10番MF安東は1得点も悔しい白星。「誰が見ていてもちょっと違うな」というプレーを
[MOM497]東京国際大DF楠本卓海(4年)_山口加入発表された記念日に完封勝利!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加