中川翔子が愛猫に別れ「生まれ変わり会える日まで」

中川翔子が愛猫に別れ「生まれ変わり会える日まで」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/11
No image

東京五輪・パラリンピックの公式マスコットへの応募を呼びかける中川翔子(2017年7月19日撮影)

歌手でタレントの中川翔子(32)が10日、約半月ぶりにブログを更新。先月19日に急死した愛猫「マミタス」を追悼した。

中川が溺愛し、ファンの間でもよく知られていたマミタスだが、中川は先月23日のブログで急死したことを報告。「寝ていると思ったら息をしていませんでした。原因も理由もわからず、受け止めることもできませんでした」と悲痛な胸の内を明かしていた。

マミタスの「お別れ会」が開催された10日、中川は久しぶりにブログを更新。参列したファンに感謝するとともに、「マミタスには沢山の愛をもらいました。一緒に居てくれた事が強さになり沢山の夢を連れてきてくれたマミタス いつも見守り愛して心配してくれていたマミタス 毎日プレゼントをくわえてきてくれたマミタス かなしい夜はずっとゴロゴロ喉を鳴らし寄り添ってくれたマミタス マミタスがくれた沢山の幸せな瞬間があり いつもマミタスがいてくれたから走り続けてこられました」としのんだ。

マミタスの写真を多数掲載し、「これからも笑顔でお仕事に一生懸命生きることがマミタスの生きた証にもなると思います 猫は9つの魂を持つという言葉があります いつか生まれ変わって会える日まで。ありがとう」と感謝の言葉で結んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
マネージャーを8年間で14人交代させた、菜々緒の本当の性格
高嶋ちさ子 夫からの“絶縁宣言”に「上等だよ!」
人身事故を起こした土田晃之に猛バッシング 対応次第では干される可能性も
海老蔵 2人の子供がママへの思い祈り、現れたのは...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加