スノボハーフパイプ銀の平野歩夢 スケボーで東京五輪挑戦「可能性があるなら」

スノボハーフパイプ銀の平野歩夢 スケボーで東京五輪挑戦「可能性があるなら」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/16
No image

銀メダル獲得から一夜明け、記者会見で心境を語るスノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢

スノーボード男子ハーフパイプで2大会連続の銀メダルを獲得した平野歩夢(19)=木下グループ=と、ノルディック複合ノーマルヒルで同じく2大会連続の銀メダルを獲得した渡部暁斗(29)=北野建設=が15日、平昌のジャパンハウスで一夜明け会見を行った。

平野はスノーボードと同時期に始めたスケートボードでの東京五輪挑戦についても言及。「本当にここから目指すには時間がない中で、すごくハードなトレーニングが必要になる。はっきり決めてない部分はある」とした中で「そこをしっかり整理して考えて、可能性があるなら」と、含みを持たせた。

父の英功さんは日本スケートボーディング連盟の副代表理事。日本ローラースポーツ連盟の平沢勝栄会長は自身フェイスブックに「平野歩夢氏はスケートボードで2020年の東京オリンピックを目指す予定」と書き込んでいる。

今大会で金メダルを獲得したショーン・ホワイトも参戦に意欲を見せており、日本の“ボードの申し子”の選択次第では東京五輪で再び激闘が繰り広げられる可能性がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ぐるナイ共演のナイナイ、渡辺直美が大杉さん追悼「感謝しかありません」
大杉漣さん、急性心不全で急死 バイプレイヤーズ共演者「現実を受け入れられない」
思わず二度見してしまう、おもしろ不思議な写真その17 17枚
宇野昌磨は“例外”? 記者が「二度と取材したくない!」と叫ぶアスリートを実名暴露
性欲を高めるフードアイテム10選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加