最新ランキングをチェックしよう
フランス大統領が恐喝疑惑のベンゼマを批判「道徳に反する行為だ」

フランス大統領が恐喝疑惑のベンゼマを批判「道徳に反する行為だ」

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/10/18

フランス大統領を務めるフランソワ・オランド氏が、フランス代表を追放されているFWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)を自身の著書において批判した。スペイン紙『マルカ』が17日に伝えた。
ベンゼマは昨年10月、フランス代表の同僚であるMFマテュー・ヴァルブエナ(リヨン)に対する恐喝事件への関与を疑われ、フランスサッカー連盟(FFF)から代表招集の見送りを言い渡されていた。
この件に関してオランド大

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヘディング弾の香川真司を現地メディアは高めの評価。「効果的ではなかったが...」
最も影響力のあるランジェリーモデル
バルサ初黒星 メッシPK失敗
酒井宏が3戦連続で左SBフル出場、マルセイユは公式戦4戦連続完封&5連勝
ヘルタ原口元気、浦和復帰も選択肢か...英国とドイツからもオファー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加