ニコンインステック、非破壊検査装置などのデモ施設を開設

ニコンインステック、非破壊検査装置などのデモ施設を開設

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/11
No image

ニコンの子会社であるニコンインステックは10月11日、産業機器事業の非破壊検査装置、非接触三次元測定機の認知度向上と売上拡大を主な目的として、横浜市栄区にデモンストレーション施設を開設したことを発表した。

同施設には、航空機の機体部品や自動車のホワイトボディなど、大型構造物の非接触計測が可能な「Laser Radar」を設置。また、製品ごとに個室を設けることで、顧客が機密性の高い被検物を安心して持ち込めるような設計となっているという。

なお、同施設の開設目的は、日本を中心としたアジア地域の顧客に対し、製品に触れる機会をよりいっそう提供するためということで、同施設によって、日本およびアジア市場における産業機器事業のプレゼンスをいっそう高めていくとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは
JDI、深まる経営危機...アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す
企業とデザイナーが組んでデザインの視点から素材の可能性を引き出す企画展がスタート
「タペストリー」に改名のコーチ、 より激しい競争に直面へ
トヨタが学ぶ伊那食品工業の「社会に好かれる経営」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加