iPhoneをバックアップする方法 - Macにバックアップする場合

iPhoneをバックアップする方法 - Macにバックアップする場合

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/08/18
No image

iPhoneが破損・故障したときに備えて、または機種変更後に新しい端末にデータを引き継げるよう、バックアップを取っておきましょう。iPhoneのバックアップは、iCloudを使う方法とパソコン(Mac/Windows)を使う方法があります。ここではMacを使う方法をご紹介します。

1)iTunesを準備する(初回のみ)

iPhoneのバックアップにはiTunesというソフトを使用します。Macの場合はOSに付属して元々入っています。最新版であることを確認しておきましょう。

次に、iTunesを開いて自動同期の設定をオフにしておきます。Mac側のデータがiPhoneに上書きされることを防ぐためです。

2)iPhoneを接続する

iPhoneとMacをケーブルで接続します。接続には通常の充電ケーブルが使用できます。Mac側がUSB-Cの場合は変換コネクタを使用します。

3)バックアップの暗号化を設定(初回のみ)

iPhoneに保存されたパスワードやWi-Fi設定を保存するために、バックアップの暗号化を設定します。

4)バックアップを開始

バックアップを開始します。iPhoneの使用ストレージ容量が多い場合や、初回のバックアップには時間がかかることがあります。

5)2回目以降の手順

次回からは手順がより簡単になります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhone 11、私の注目ポイントは「機能以上にお安くなったお値段」
昔とは意味が変わった、iPhoneの“実質価格” 今は下取り
iPhone11 Pro、カメラレンズ周囲にホコリが大量に付着した画像が物議醸す
Apple、iPhone11 Proの新しい広告動画を公開〜様々な障害物をクリア!
Apple Watchの重さはステンレス>セラミック>チタン>アルミ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加