今平、通算9アンダーで単独首位!草食変身で「体すっきり」/国内男子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/16

ANAオープン第2日(15日、北海道・札幌GC輪厚C=7063ヤード、パー72)首位に2打差の2位から出た今平周吾(24)=レオパレスリゾートグアム=が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算9アンダーで単独首位に立った。通算イーブンパーまでの64人が決勝ラウンドに進んだ。大会7度優勝の尾崎将司(70)=セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ=は最下位で予選落ちした。

今平は後半の15番(パー4)で、今大会初のボギーをたたいたが、カラーから6メートルを沈めた17番など4つのパー5でバーディーを奪った。昨年夏場に貧血になった反省から肉食中心の食生活を改善。鉄分の吸収力を高めるため「意識的に野菜を取るようにして体はすっきり」。体調の良さが成績とリンクし今季2勝目を狙う。

予選落ちとなった尾崎将司「後半になってくると急激に体力がなくなってくる。もがいてるよ、奈落の底で」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藍 12月にイベント出演、「達成感より解放感」当面ゆっくり
松山、Vであるぞ逆転年間王者!最終戦「ツアー選手権」現地21日開幕/米男子
[NB CHAMPIONSHIP U-16]快晴の中で行われた大会最終日、NB製スパイクの試し履きも(12枚)
水田裕康がパープレーで初V 10年前から毎日の素振りが結果に
競技生活37年...沖「感無量」初栄冠 グランドシニアの部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加