「この子と社内恋愛は無理...」と男性に思われる女性の特徴5つ

「この子と社内恋愛は無理...」と男性に思われる女性の特徴5つ

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2019/09/16
No image

社内恋愛は、ふたりの距離が近いのは嬉しい反面、噂になったり仕事に影響したりとマイナスな点もあり、なかなか踏み出せないという人もいるでしょう。

そんな中で、仕事熱心な男性にとって社内恋愛もありだと思うのは、やはり信用できる女性。

逆に、口が軽かったり仕事もいい加減だったりする女性は、「この子とは無理だろうな」と思われてしまいます。

男性が恋愛を諦める女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

社内恋愛は無理! 男性に思われる女性の特徴は?

1. 噂話が好きで、口が軽い

まず、男性が社内恋愛するうえで重要視するのが、「ふたりの秘密を守れるかどうか」です。

たとえ社内恋愛がOKな会社であっても、自分と付き合っていることをべらべらとまわりに吹聴されたり、また自分のプライバシーを簡単に漏らしたりするような女性では、いいお付き合いができるとは思いません。

「普段から、女性同士で集まっては他人の噂ばかりしている人を見ると、それだけで恋愛対象外になる」という男性は多く、信用できるかどうかは男性が特に気にするところと思いましょう。

2. 相手によって態度を変える

年下の男性社員には親しくするのに、新人の女性社員にはきつく当たる。相手によって態度を変えるような女性も男性からは信用できないなと思われます。

相手がどんな人でも対等に接するのが、大人の社会人。

誠意のある男性なら「それが相手を尊重するってことじゃないの?」と思っているので、自分にはいい顔をしてもほかの男性に冷たいような女性はまず好きになりません。

人にどんな接し方をしているかは意外と見られている、と思いましょう。

3. 仕事がいい加減

たとえば、いつも笑顔で清潔感のある女性だとしても、仕事のミスを人に押し付けたり周りと協調性がなかったりする女性は、男性も好意を持ちにくくなります。

「自分さえ良ければいいって態度を見ると一気に冷める」のは、真面目な男性ほど自分の仕事にプライドを持っているから。

彼女にするならやはり同じように真剣に仕事に取り組む女性が良いし、お互いに成長しあっていけると思うのですね。

外見が良くても、仕事がいい加減な女性は好意も萎えてしまうと心得ましょう。

4. プライベートに男の影が見える

「いいなと思っていたけど、プライベートで男とよく遊んでいるのがわかって諦めた」というケースもあります。

もちろん、個人的な時間をどう過ごすかは女性の自由ですが、男の影が色濃く見えると落ち着いた恋愛ができないと思うのですね。

同じ会社だと距離が近いので、プライベートの過ごし方も伝わりやすくなります。

好意を持っている女性ほど会社以外での過ごし方は気になるので、男性の存在を感じると恋心が引っ込んでしまう、と思いましょう。

5. 恋愛に依存している

社内恋愛は無理だなと感じる女性のNGな態度で多かったのが、こちら。

「失恋したことを仕事中でも隠そうとせず周りに気を使わせる」「いつ話しかけても話題が彼氏のこと」など、生活の中心が恋愛になっている女性は、男性も敬遠しがちです。

社内恋愛は、お互いに自立した心でないとうまくいきません。「ケンカしたら会社まで持ち込まれそう」と不安になるような女性では、自分にまでネガティブな影響があることを考えてまず好きにはならないもの。

恋愛について公私混同せず、仕事中は前向きに割り切って過ごせるような女性が、男性も安心して交際を考えられると思いましょう。

社内恋愛で男性が嫌がるのは、彼女に振り回されることです。

仕事中は自分のことにしっかりと集中したい男性ほど、信頼の置ける女性を彼女にしたいと考えます。

交際が噂になると業務に影響が出ることもあり、社内恋愛では慎重に相手の人間性を見極めようとするのが男性の本音。

どんなに外見が良くても、前向きなお付き合いはかないそうもない態度を見ると、「この子は無理だな」とジャッジされることを忘れずにいましょう。

(mimot.(ミモット))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
モラハラ男は結婚前に見抜いて排除すべし。そうすれば日本は変わる<モラ夫バスターな日々33>
復縁する!元彼と復縁したい女子の6つのNG行動と成功率をあげる方法
西野七瀬越え!彼女にしたい歴代乃木坂46メンバー1位とは?
幸せな結婚をする秘訣は「自分の人生を信頼すること」
合コンで男性が出す脈ありサイン!気になる人の態度から気持ちが見抜ける!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加